お待たせいたしました!
ダウンロードはちょっとなぁ・・・という方に、アマゾンでCD販売開始です!
日本昔ばなし楽団とコラボした「うたとカラオケ♪日本むかし話その1,その2」には物語と共に耳に懐かしい歌、そして歌のないむかし話には”日本昔ばなし楽団”が、楽しくて思わず踊ってしまいそうな歌、心にじんわりと響く歌などを新たに制作しました!

待ちきれないっ!という方には、ダウンロード販売もあります。

ぜひ聞いて、歌って、踊ってください♪

Continue Reading

坂口由起子&日本昔ばなし楽団による『うたとカラオケ 日本昔ばなし』のCDが2枚リリースされました♪



日本の昔ばなしの歌が、軽快なリズムと共に楽しいアルバムとして完成しました!子どもも、大人も、老若男女、誰が聴いても楽しくなっちゃう作品です!

また、昔ばなしは伝えられているけれど、歌がないものは新たに作詞作曲されてアルバムに入っています。
「つるの恩返し」は、何度聴いてもしっとりと、胸に響きます。
「こぶとりじいさん」は、あらら、体が勝手に踊りだす!
こちらのサイトで、
『うたとカラオケ日本昔ばなしその1』
『うたとカラオケ日本昔ばなしその2』
をダウンロード販売をしています。
※他のサイトでもダウンロード販売をしていますので検索してみて下さい🙇‍♀️

CD販売も準備ができ次第HPでおしらせします♪

Continue Reading

榛[hashibami]において、編曲とプロデュースの周防義和氏ですが、「カツベン!」で日本アカデミー賞優秀音楽賞を受賞されました。
おめでとうございます!

じつは、1月中旬に周防さんと久しぶりに再会しました。
私は周防さんと会う時にはアンテナの感度が異常に高くなるので、
表向き音楽、しかし意図していないところのキャッチがどんどん入り込んでくるのです。
あとで整理してみると、タロットでいうならば大アルカナのカードくらいのインパクトです。
各地で音楽学校の先生としての顔を持ちながら、カッコよく年を重ねている音楽家で、その音楽は多様性から生まれた普遍的な美しさと言う感じです。うまく言えないけれど、その音楽センスに嫉妬しちゃうくらい。
榛[hashibami]を制作している時には、これまであまり気にしてこなかった「和声的に変な場所」を理論的に説明もらったり、学びも多かったです。
話が抜群にわかりやすくて、周防さんと出会って学ぶ機会のある人は羨ましいなと、本当に思うのです。

私がキャッチできるのは普通の会話の中だったり、映画作品についての話の中だったりに現れてくるもの。
タロットで例えるならば、
短期間の小さな変化を表す小アルカナのカードのメッセージから、人生の軸に持ってきてもいい大アルカナカードのメッセージまで、経験から導きだした真理って、音楽だけに通用するものじゃないんだなと思った次第。
「真理はひとつ」って事をまた確認しちゃったような出来事でした。
いつか、周防さんの映画についてのお話し会をやりたい。

写真は、「榛hashibami」を制作後、「yukkoダダルカ」というバンドで活動していた頃の写真です。周防さんと、ベースは山ちゃん(山浦タケヒコ)
10年くらい前のことだけど懐かしいなぁ。

Continue Reading

夕べは遅くまで榛[hashibami]を聴いて、なんか嬉しくなっちゃって♪
ケンかな、どこで買ったのか覚えていないシードルが超美味しくて、
夜になってラーメンが食べたくなって、
イブというのにマクロビオティックラーメンを作って熱々を食べた。

クリスマスのキャンドルはすべての人たちの心に光をともす。
1945年だったか、エジプトで発見されたグノーシス派のトマスの福音書には、すべてが神の子であると書かれていて、クリスマスのキャンドルは本来、すべての人たちの心の中にいるイエスを照らすのだと思う。
「イエスの誕生をお祝いする」は間違いではないけれど、心の中を見つめて。
私はキリスト教とではないので、日本の山間部の寒い信州仕様にカスタマイズして、この場合にはラーメンの湯気が最適じゃないかと(笑)
厳密にはマクロビオティックでなくてビーガンラーメンですね。
理論は別だから。

「らせん階段」は私には嬉しくて泣けてくる歌の部類。
世界は利己的で排他的な空虚な世界じゃないぞと。
このアルバムの後、般若心経に出会うんだよね、
それから探究が始まった。
マクロビオティックという形而上学的な食理論も探究だったかもしれない。
私の歌の中心は誰でも持ってる直感というやつで、たぶんそうなんだろうなと思うところから始まるので、なぜそうなのか?と聞かれても、理論立てて話せない、科学者じゃないんだから(笑)
科学者でなくてよかった、
アーティストが科学理論で歌を作ったらそれも面白いかもしれへんな、
そんなアホなことを考えて日々を過ごしていたら、あっという間に時間はすぎて平成から令和になっていく。

様々な辻褄が合ってきた頃に、
MOON DANCE RECORDSの高見澤さんからネット配信の話を聞かせてもらって、
嬉しいやらなんやら。
日本の、ほとんど誰にも知られていないシンガーソングライターが、
ネットの世界なら有名なアーティストと同じ舞台に立つような時代になったんだと、時代の変化を感じながら、我が集大成の榛[hashibami]を聴きかえす。

そうすると、やっぱり、たくさんの人に聴いてもらいたいと思う。
おかしなことに、探求してたどり着いた場所が「榛hashibami」だなんて、
不思議ですが、私の中では今のために「榛hashibami」があるとも言えるし、
時間を超えて、作りたてホヤホヤな、
このビーガンラーメンのような湯気が見えるのです。
「榛hashibami」とビーガンラーメンの湯気を同じにしていいのかと、思わないでもないですが。

Continue Reading

みなさま、メリークリスマス!
本日ムーンダンスレコードより榛[hashibami]がデジタルリリースされます。

★ iTunes,amazon,レコチョク,KKBOXなど皆さんの普段使われるダウンロードサイトから!

★ また Spotify, AWA, LINE MUSIC, Google Play Music,Apple Musicなどの音楽ストリーミングサービスからも坂口由起子『榛hashibami』を聴いてみてください!

※iTunesではプレオーダー始まっています。
https://music.apple.com/jp/album/hashibami/1490013713

Continue Reading

自分が得意としていることって、
それなりに時間をかけて関わってきたことだから、
人と比べることによってのみ、
自分に「できること」「できないこと」を分別することにも慣れてくる。
「頑張れは夢は叶う」とはよく聞くけれども、
大人は誰もがイチローになれるわけでないことも知る。
分別することに意味がないことに気づいた人たちは「ありのまま」でいいという。ホントかな。
エゴが「ありのまま」を理解するとだな、
眠ったまま・・ということになりはしない?

榛[hashibami]は「できること」「できないこと」を分別できていない。
私の場合に、坂口由起子らしくあろうとするとき、眠ったままだ。
榛[hashibami]は作編曲家の周防義和氏の編曲で表現の多様さに結びつき、これまで自己完結していた詩の世界観が浮かび上がってきた。
私の歌唱については好みが分かれるけれど、
もっとうまく表現できる人が現れても不思議とは思わない。
恋愛の歌がないのは、男女の恋愛に普遍性を感じないから。
恋愛は依存だ、ごめん、夢がないと思わせてしまったかなぁ💧
でも特別な二人の関係から始まる愛の道を選んだのには訳があるはず。
依存から受容を学ぶ道の最終段階では、
二人の関係を、もう恋愛とは呼ばない。

今になって榛[hashibami]は普遍的な世界観を歌いたかったんだと理解する。
頑張れば夢が叶うなんてウソの世界に見切りをつけて、
「できること」「できないこと」という大人の分別もせず、
わたしであることを受容した作品だと思う。

海を渡る風のように、
誰かの心に届き、
あなたが”自分を信頼できない”と信じてしまっているときにも、
あなた以上にあなたをよく知っている存在は、ずっとあなたと共にいることに気づくことができますように。

12月25日、私のフルアルバム榛[hashibami]のダウンロード配信が始まります。
それに合わせてサイトをリニューアルしました。




Continue Reading

森の百年コンサートにお越し下さった皆さま、森の再生を願い7年の歳月を森と共に歩んでこられた皆さま、ありがとうございました。
思いもよらぬお誘いで森の中ので歌うことができました。
訪れる人たちのことを考慮して作られた3本の道。
森の循環の一部になる簡易トイレ。
子ども太鼓の演奏をイメージして頑丈に、そして広いスペースのステージ。
高く美しく張られた雨よけシートはとび職の技、よれたところは一箇所もない。
どれもこれも、森を知り尽くした人たちの技と知恵。
新しい出会いにも恵まれて、人生にひと色を足すような経験でした。
心より感謝いたします。
本当にありがとうございました。

坂口ユキ子

Continue Reading

佐久市の大丸家具さんが主催の「森の百年コンサート」に出演します。
予定していた22日は台風のため中止、来週29日に開催されることに。
出演者の変更に伴いましてワタクシ、坂口ユキ子ピンチヒッターでございます。

ブログを読みますと、森の中に社長さん自らステージを作り、今年で4回目となるそうです。
ムビラやカリンバで歌いたいが、そんな曲が準備してあるわけもなし。
無理せず、小さくて可愛いいGOPIANOで歌いまーす。
コンサートの入場料1000円です。
カレー屋さんやパン屋さんの出店があります。
森林浴にお越しくださいませ。

Continue Reading

9回目を迎えたさくらさくライブはご来場の皆さんとスタッフの皆さんの尽力のおかげさまで盛況に、そして私も出演者として「心ひとつ」の輪の中で歌いました。決してひとりでは成せない事を、多くの知恵と復興への思いが集結して今年も「さくらさくライブ」の花を咲かせてくれました。
それぞれの笑顔が、復興応援という大きな桜の木を満開にしていました。
青空の下の大木のようになった9年目のさくらさくライブ、地に根を張った9年目のさくらさくライブ。多くの皆さまに感謝いたします。

本日のセットリスト
1.勘違いの光明
2.楽園
3.檸檬
4.kiseki

Continue Reading