元旦、氏神さまにお詣りに。
長い階段を息を切らして登っていくと、小高い山の頂上におわします。
遠く、低く、町を眺めていると、
神さまの目線というとおこがましいんだけど、
ここから見ていると、人はみんな今いる場所で頑張っていて、
神さまは助けが必要とされればいつでも出動できる場所におわすんだなと思った。
助けが必要ならば・・・と思って、
私たちが自分の力でできることなんてひとつもないんじゃなかって感じた。
このくらいならできると思っていることだって、
本当の意味ではできていないとも思った。
そして神さまの目は私たちの五感のようにはできていない。
自分の概念でしかこの世界を見られないような私たちの目はとても不確かなものだということを忘れない一年にしよう。
判断を放棄しよう。
いつでも助けられているのだから心配はいらない。

Continue Reading

2021年明けましておめでとうございます。

大晦日は夜になってどんどんと冷え込みが強くなり、
ニュースで聞いたとおりの寒波、
長野に越してきた頃を思い出しました。
信州のお正月らしいお正月です。
空気がカチンと凍って、コタツの中で足を付き合わせて身を寄せ合う。
ワインを飲むつもりが、熱燗に変更になり、
心温まるお正月です。

今年もmacro to microをよろしくお願い致します♪

Continue Reading

予報だと年末は大荒れ。

毎年31日は新年の準備に慌ただしくしてしまうから、
今年はゆっくりと過ごそうということで、30日に全部済ませてしまう計画。
やることは掃除、掃除がほとんど。
昨日は暖かい午前中に買い物を済ませ、午後は家中を着々と掃除した。
この一連の肉体労働の起爆剤は米粉のロールケーキ。
いつもより少し大きめに切り分けたケーキは見た目もだけでも起爆剤。

そして、本日大晦日♪
猫たちとゆっくり、のんびりと過ごそう。

今年も私のブログを読んでいただき、
また拙い写真をお褒めいただき、ありがとうございました!
過去のブログを振り返り読み返してみると誤字脱字も多いし、文章も変だし、回りくどいし、ツッコミどころ満載なブログじゃないか。
来年はもう少しマシになるように頑張ります!

みなさまも良いお年を!

Continue Reading

スーパーの隣にある花屋さんの前をスーパーのカートを引きながら通り過ぎる。
足取りゆっくりと、店内の花を自動ドア越しに見る。
今日はしばらく立ち止まって眺めた。
お店の店員さんが笑顔で手招きしているのにも気付かずにいたら、
わざわざ外に出てきてくれて、
「どうぞ、中でゆっくりご覧ください」と声をかけられた。
きれいだなぁと思ってぼーっと眺めていただけだから、
いえ・・・と去りかけて、頭の中で小さな声がした。
「あなたへ・・」
私?・・自分へのプレゼント?

カートのまま店内に入るとむせ返るほどのユリの香りが立ち込めていて、
お店の外からは想像できないほどの花の香り。
癒される・・・ため息が出た。
ガラス越しに見ても満開のユリの花びらは反り返り一部は茶色に変色しているのに、
終わり差し掛かってなおユリとして凛としている。
開きかけの花びらの白くて柔らかなユリばかりを追い求めていた頃の私に教えてあげたい。
枯れることを怖がっている誰かにも伝えてあげたい。
反り返った花びらも茶色くなった部分も、
ユリの本質を少しも失ってはいないということを。

ユリは高かったので白とブルーの小さな花を一輪づつ購入。
家に帰ってみたらコートのボタンを掛け違えているわ、洗面所の鏡に写る私の髪は伸び放題のボサボサ。
後頭部は鳥の巣になってるじゃん💧

おそうじの会のメンバーのMさんが10月に亡くなったと連絡があった。
Mさんは畑でたくさんの花を育て、エプロンや洋服もカラフルで大きな花柄ばかり。気さくだけど、どこか華やかで元気な女性だった。
亡くなったことが信じられない。
花瓶に花を挿しながらMさんの死を悲しんだり思う間も無く介護生活が始まってしまって、ちゃんと向き合っていない感情があることに気づいた。
介護がなければ、自分にとっての最優先事項はMさんとのお別れだった。
白い花はMさんに、ブルーの花は私の癒しに。

Continue Reading

霜が降りた。
外に出ると、凍った水分同士が擦れあうような、
鉄琴みたいな、
キーンという音がするんだけど。
よくよく澄まして聞いてみればハンドベルみたいだな。
凍った空気にゴホゴホとむせながら、ムロに降りて梅干しを詰めた。
一個食べてみたら酸っぱくてブルブル。

ムロから出てきたら雪が舞っていた。
さぁいよいよですな・・・

クリスマスですな・・・

こっそりとムロに降りる階段の手すりにイルミネーションを付けたら、
夜になって帰宅した家族はびっくりするだろうな。
いや、それを私が見たい。
雪の中でイルミネーションが煌めくのを私が見たい。
今はやることが目一杯なのに、
目一杯だからこそ、その枠からはみ出したくなるわけで。
へそ曲がりの優先事項はイルミネーション、
第二に、今日は冷えるのでカブと豆のスープを作ります。

Continue Reading

風が吹く音で目が覚めた。
カランカランとトタンを叩くのは・・・みぞれ。

寒くてなかなか布団から出られないけれども・・・
そんなことも言っていられない(;´д`)
靴下もズボンも上着も重ね着にして、
ボサボサに伸び放題の髪を束ねて気合いで動く。

人参の葉が地面を這っているのを初めて見た。
今年の人参はいつもより小さかったから、
深さんは人参たちに少しでも大きくなるようにと言い聞かせていた。
もうこれ以上は大きくならないでしょと思うんだけど、
人参も、もう勘弁してくださいっ、と言ったかどうか(笑)
あられが降る中、素手で全部引き抜いた。
とてもいい人参、よくできました〜💮

Continue Reading

今年はかぼちゃが早くに傷み始めた。
厳しい冬が長野県の文化の背景だというのに。

最近は減塩の傾向にあるのか塩加減もそこそこで、
調味液に漬ける野沢菜漬が好まれるようになっている。

野沢菜は春先まで乳酸菌発酵を続ける漬物で、
ある程度寒い冬という背景があってこそ、
野沢菜が活きる文化だけど、暖冬が続けば保存が難しくなる。

カメいっぱいに作っていた野沢菜漬けも、今年は半分。
欲しいのは野沢菜を媒体とした乳酸菌。
塩分を少し多めにして乳酸菌発酵を待つ。
この先、春まで家族の腸内環境のために一役かってもらいたい。

ケンがムロの中の野菜類を整理してくれたので使いやすくなった。
このムロは味噌や漬物などの微生物が生きている。
いつの時代から住んでいる微生物なんだろう。
大切にしていきたい。

Continue Reading

今朝、ゴミ収集をお願いして、今度は本当に庭がスッキリした。
風の通り道と、土の呼吸と、鳥たちの歌。

庭に風が通り始めたら、一気に・・・一気に!
こんなに一気に人生の流れが変わるなんてことがあるんだなと思うくらいに、
いろんなことが突然バーっとやってきて対応を迫られる。
只中にいると、人生の節目なんて悠長なことは言ってられないんだけど、
できる限りを尽くしたあとで、冷静に眺めればただの節目だ。

父が突然亡くなった時、母が一気に変わった。
最強になった。
泣いてなかったし、だから私も泣かなかった。
母も突然のことで必死だったから、
子どもたちのメンタルにまで気が回らなかったけど、
それでもこんなに強い母を見たのは初めてだった。
私自身はその時を境に何かが大きく変わった、ということもなかった。
強烈な悲しみがなかったのはまわりの大人たちが支えてくれたのだと思っていたけど、父は私たち家族のそばにずっといたから。

人間は変化に弱い生き物だから、
大きな変化はメタモルフォーゼと思えばいい。
ゾッとするけど細胞が液体化する。
どんな思いで体がドロドロに溶けていく過程を過ごすんだろう。
怖いだろうなぁと思う反面、深く信じるものが同じだけあるんだなと思う。
蝶は体を自分だと思ってないのだろうか。
導かれるままに任せられるって、最強だな。

Continue Reading

新型コロナ以前から、
私はお付き合い意外にお酒を飲みに出かけることはほとんどありません。
家でちびちび飲むのが好きだからということもありますが。
そうなると、おつまみです。

野菜で簡単に作るおつまみで、私が好きなレシピは「寺田本家の酒粕レシピ」
大人向けかもしれませんが、
おすすめは酒粕ペーストという調味料でうちは冷蔵庫に常備しています。
旅先で地酒を買って、家に帰って二度目の旅を楽しむのもいいですが、
地元のスーパーや道の駅とかで、
地元の酒粕に出会ったときは目が輝きます(笑)
酒粕を使ったレシピなので大人向けかもしれませんが、
酒粕ペーストに含まれるアルコール分は火で飛ばしてしまえば妊婦さんでも子どもでも大丈夫。

女子会向きなら、あな吉さんの「100%野菜deおつまみ」が好きです。
とにかく簡単、聴き慣れない材料もなし。
”カニ味噌風”とか書いてあると。なになにって?って、ほぼ実験気分です。
簡単なのはフープロを使うレシピが多いから。
おしゃべりしながら、飲みながら、手を動かし、もぐもぐする。

gotoで経済効果を図りたいところでしょうが、
持ち帰り惣菜もデリバリーも充実してきましたらからね。
家飲みという選択肢も充実させていこう。
野菜を使ったおつまみで、今日くらいは食べ過ぎてもいいよと、ね。

昨年、やる気なく作った野沢菜漬けも、
今年は時間があるわあるわで、野沢菜の切り漬けも大成功。
塩漬けも水が上がった。あとは乳酸菌発酵を待つのみ。
頑張った甲斐あったなぁ、しみじみ・・・

Continue Reading
1 2 3 45