12月, つぶやく:心に灯りを

12月に入ったとたんに、クリスマスは始まる。
今年はご近所の庭先の電飾も公園の電飾も、
全てがコロナ終息への祈りを込めた点灯に見える。

クリスマスの賑わいがやってくると、そろそろ2020年の終わりを意識するけれど、
コロナの終わりは見えてこない。
私はクリスチャンではないけれど、
クリスマスのキャンドルの灯りは、心の中に灯すものだと思うから、
日が落ちた街が電飾で照らし出されるように、心の暗闇にも灯りを灯したい。
この最中にあっても、
生まれてからずっと心のキャンドルが消えたことは一度もない。
どんなに苦しく辛い時でも、
気づかなかっただけでキャンドルが消えることはなかった。
あなたの灯りはきっと誰かを照らす。
祈りとは、そういうことだと思う。

関連リンク