7月, つぶやく:カビと気枯れ

畳に敷いてある藺草マットがベタベタする。
湿気を調節してくれるはずの藺草が湿気をマックス吸い込んだ状態、だろうか。
このままだとカビになりそうなので、
仕事から帰ってきたケンとタンスを移動し、い草を剥がし、部屋の角に置いてあるタンスの引き出しを取り出す。そして除湿機をまわしておく。

廊下のカーテンレールにかけておいた天然木カゴも、天然木のイーゼルも、私の部屋の縄で編み込んだ丸イスもカビにやられた。
そぉっと外へ持ち出して、これらは廃棄処分。

思い出・・・そうだ、思い出も一緒に廃棄しよう。
どれもこれも、使わないからカビになる。
そもそも必要のないものなのだ。
座敷の畳養生のつもりで敷いた藺草マットだけど、畳の表替えをすればいいだけのこと。
ここは来客用で、頻繁に出入りしない部屋だけど、時々はここで過ごしたらいいのだ。
物は考えよう。
大切に抱えていたものは小さな恐れを発端にした執着のような気がしてならない。

今年の湿気は半端ない。
いつもなら日差しが差し込む部屋が、7月の末というのにジメジメしている。
日差しがもたらさなかったものを、雨がもたらしてくれた。
私が気を使わなくなったものに、新しい命(カビ)の循環が発生したと考えればいい。ケガレ(気枯れ)を祓う6月の夏越の祓いには、使わなくなったもの、気枯れしたものを手放す、そんな意味もあるのかね。

洗面所の麻の暖簾もベトベトしてカビの気配、ケガレと判断。
長く使っているものだけど、この暖簾がなくても困ることはなし。
風通しがいい場所でも、こんな有様だから換気扇と扇風機を回しっぱなしにしておこう。風神さま、ですな。

関連リンク