1月, つぶやく:私のピュア

ピュアなエネルギーを取り入れたくて、ここ数日は玄米と野菜で過ごしている。
今年に入ってから、やたら花屋へと足が向く。そして一輪だけ買う。
花瓶に挿すと内側から新鮮さが立ち上って来るみたいで、
求めていたものがコーヒーでもなくおやつでもなく花だと気付いた。
花は静かで瞑想的かと思いきや、体が動く。
動かない植物のメッセージが「動け」だったりするから面白い。

ケンは高熱の風邪をこじらして、食欲もあまりない。
ならば、「動け」という気づきを無視せずに
自分のカラダが欲しているものを作って「コタツでおひとりさまごはん」。
いつもは家族と自分の好みの間をとって作っているので、
自分の好みは時間があれば作るけれど、
時間がもったいなくて後回しにしていたんだなあ。
玄米、小豆の塩煮、かぼちゃと昆布の含め煮、
根菜の炒めなます、梅ごぼうとお味噌汁。
こんなに簡単にできるんだから、
これからは自分のことを後回しにするのをやめようと思った。

ケンに「何が食べたい?」と聞くと、「うどん」、
国産小麦と塩だけのシンプルな麺と小松菜であっさりほっこりうどん。
この数日、ずーっとうどんが続いている。
少しづつ、野菜やワカメもいいかも。

で、ピュアなエネルギーはどうかというと、私らしくピュアです。
というのも、
食べ物はナチュラルですが、
だからといって私はイメージとしてのナチュラルでは生きられないので、
今一番落ち着くナチュラル、サイケな部屋で私のピュア。

関連リンク