日本に生まれてよかったなぁと思うことのひとつは季節があること。
段々と変化して行くので、
気がつく頃には秋から冬が始まる一歩手前になっていたりする。
収穫を終えて一息つく頃、
日が短くなる前に、暗くなる前にと、
冬に備えて小さな準備を重ねて行く。

信州の冬は厳しいけれど、
厳しいからこそ体感できる安らぎ。
安らぎに大きいも小さいもないので、
安らぎの中に留まっている「今に祝福を」という感じかな。

関連リンク