新月

今年は梅雨が長いせいか、野菜が腐ると聞いた。
丸々太った大きめ玉ねぎも中心から腐り始めている。

昨日も大雨警報で近くの河川がレベル4だと速報があった。
昨日の雷雨で水かさが増えている上に降った雨。
昔から雷は3日続くと謂れている所以、気をつけなさいという教訓。

パソコンのキーボードが壊れたり、
無性に疲れたりと、新月の魔法。

太陽が顔を出し始めた。
今日も暑くなる。
ご飯が進むように佃煮にした「インゲンのクタクタ煮」を作ろう。
畑へGO!

Continue Reading

7月おそうじの会

先月から第4週の日曜日に固定になったおそうじの会。

7月の第4日曜日、佐久地方では江戸時代の旧暦8/1に大水によってたくさんの被害があったことから、8月1日を墓参りの日として家族揃ってお墓の掃除などを行う。
おそうじの会にいつも参加してくださる方々も、この日は墓参りの日。
人数は少なめでしたが、
そんな時には、そのように会話も話題も勝手に起きてくる。
会が終わっても残った三年番茶とお茶菓子を食べながら話は尽きない。
人数が多い時には、そのように会話も話題も盛り上がる。
”すべてはそのようになっている”

夏の疲れについて。
私は「自分の体調に気づいていること」
具合が悪くなる前の小さな自分の異変に気付いていること。
開放的で行動的な夏に、体の重さを感じるなら「なぜだろう」と、
それが異変の始まり、「えっ、なんかおかしい」と思えるように。
そんな時は心にもモヤがかかっていて、進む方向が見えないことも多い。
”ねばならない”がモヤになっていたら”やらない”という判断もありだけど、
もっと総合的に見てベストよりベターにしたらどうかとまずは自身に問いかける。偏った考え方や、慣れ親しんだ感情に気がつけば素敵な発見。

体の異変は心よりもシンプル。
体の声を信じる。
体の声は気の持ちようではなく、多くは食べ物の作用に違いないから。
原因に思い当たる節があれば是正する。
思い当たらなければマクロビオティックのヒーリング料理を続けて様子を見る。
特定のもを食べ続けてしまうなど食べたい欲求が収まらないのは、
反対側にある強烈な陰性、あるいは陽性があるわけなので、
緩やかな陰性、あるいは陽性に変えていく。
それらが食べ物とは限らず、環境や考え方にも及ぶことは珍しくない。

遠く新月満月の影響や、もっと遠く、遠く、惑星のめぐりにも心を寄せてみる。
ここでたどり着くのは感謝の気持ちだったりする。
思いがけず生命の不思議さに気がつけば、それも素敵な発見。
感謝、感謝。

Continue Reading

素敵と感じるものを組み合わせていく帳尻合わせ

今年は作物が2週間くらい遅れていると聞いた。
稲もケンの草取り計画が功を奏して実りの段階へと進みつつある。
はたから見ると大変そうに見えた畑の草取りも、あと一回らしい。
昔と比べれば草取りの機械もどんどん改良されてきて、
農作業の良きパートナーになってくれている。

うちの駐車場の片側には目隠しにもなるユーカリやススキが背高く茂っていて、その根元にはタイムなどのよくあるハーブが根付き始めた。
ハーブの間に背のある雑草が顔を出してきたので草取りをした。
よく見ながら丁寧に草取りをしないと、
実験的に育てているエキナセアの芽を草と間違えて抜いてしまいそう。
今年は発育不足でも来年には花を咲かせてくれるはず。

仕事でも庭仕事でも、その人にとっての当たり前の日常に、楽しさや喜びや研究心が伴っていれば幸せだ。
社会を作っている個々の内面はそれぞれだから、選択の自由がないまま代々続くものを引き継いでいくのは大変なこと。
所有については「あればあったで大変だよ」とはよく聞くセリフ。
ケンとは若さの勢いで怖いもの知らずの自由を謳歌してきたけれど今、お互いに年齢を重ねていく姿を微笑ましく見ながら、だんだんと人生の帳尻合わせが始まっている。今の私たちはちょうどその真っ只中。
これまでの人生すべての中から素敵と感じるものを組み合わせていく帳尻合わせ。

Continue Reading

最初のひと漕ぎとフリーエネルギー

家の北側の庭と車一台がやっと通れる公道の境にある垣根がぐんぐんと枝を伸ばして公道にはみ出しはじめた。
もう少しで大きな車ならば擦れる状態。
何より公道なものだからうちが早めに剪定をしないといけない。
そう思いつつ、いつも後回しになってしまう北側の庭の雑務。
今日は私に出来る範囲で応急的にはみ出した部分をカット。
これが床屋さんになったみたいで楽しい雑務に♪
ついでに北側の草刈りと枯れた花や葉を剪定ばさみでちょきちょきと始めたら、
これがまたまた楽しい雑務に♪
うちはプロパンガスなので、ガス屋さんが定期的にガスを配達してくれる。
その通り道にも枝が伸びて狭い通路をさらにふさいでいたのでさっぱりとさせた。

後回しになってしまう雑務。
自転車で言うところの最初のひと漕ぎはしんどいけれど、車輪が回り始めればなんてことはない、サクサクと勢いで走っていくもの。
雑務はたとえ話。
様々な心の欲求に対しても、
最初のひと漕ぎをためらったり、しんどいと感じたり、人によっては”どうせやっても”と後ろ向き思考になったりするのを自分の個性と勘違いしている人が多いと思うんだけど、それは妄想です、勘違いです。
回り始めた時のサクサクと物事が進んでいく時のあなたが「あなたの普通」のエネルギーの状態だという基本を認知することが大切。
まだまだ上がり幅が残っている状態。
「嬉しい楽しい幸せ楽チン」この状態が普通です。
この状態でないのならバランスが崩れていると認知。
原因は食べ物かもしれないし、強い思い込みかもしれない。
その原因はそれぞれだけど、
ユニークで素敵なあなたの個性を自分が否定している場合か、人から否定されて、それを自分が認めてしまった状態かもしれない。
あまりにも長期に渡り信じ込んでしまったせいで自己不在になったのかも。
私の場合には自己不在がとても長く続いた。

雑務から心の欲求まで「最初のひと漕ぎ」が遣り残されていることに気づいた今、今日もそれらを片っ端から初めて行く一日になる。
最初のひと漕ぎさえためらわなければ、
あとはフリーエネルギーで進み始めるものだから。
私がやるべきことは最初のひと漕ぎ。

Continue Reading

暑くなってきたので。

暑くなってきて、水分を頻繁に摂るようになってきて、
ふつうに三年番茶を飲んでいればいいものを、
水分をいかに美味しくして摂ろうかと、欲求する癖がある。
ハーブティーくらいならまだいいとしても、
最近は豆乳と穀物コーヒーでラテにして飲むのが常習に。
豆乳は体にいいですがオプションで飲むもの。
豆を絞った油と思えば納得、そして絞った後のものはおから。
豆乳を摂る人はおからを食べるよう意識するといい。

クリーミーなものがいつも欲しいのだと思う。
体が陰性を求めているなら、強い陽性が働いている。
調子に乗って飲みすぎないように、
この段階で私の中の「強い陽性」を発見しよう。
梅雨の終わりの太陽の灼熱。

紫いんげん豆。
花も実も超絶かわいい。
イエローいんげん豆は枯れた感じがいい味出してます。
レモンイエローなので傷が目立つと言いますか、
傷の部分が茶色く変色しますね。
紫いんげん豆は茹でると濃いめのグリーンになります。

Continue Reading

エアコンさんいらっしゃい

”エアコンは必要ない”
マクロビオティック実践中につき、夏野菜を食べてクールダウンに限る!
と、豪語していた自分が恥ずかしいわ。
本日、エアコン設置完了。

信州では夏野菜があればエアコンは必要ないのだと、それは今でも変わらない。
信州の夏は短く、夏の終わりの気配を五感で感じることができる。
お盆を過ぎた朝晩の涼しさは清々しいとか気持ち良いといった感覚よりも”体が冷えている”と感じる涼しさ。

そうこうしているうちにセンチメンタルな初秋の気配が漂ってくる。
夏が初秋の儚さを含むと、我慢する暑さから追いかける暑さへと変わる。
暑さの出口は見えているのだ。
バイバイなのだ、悲しい、行かないで( i _ i )

ちなみに家族はエアコンはいらない派。
理由はやっぱり、短い夏に必要なしということらしい。
反対はしないよ、欲しければどうぞ、といった感じ。
えっ、でもマクロビオティックは夏野菜を食べて冷やすんでしょ?
方針が変わったの?・・・痛いところを突いてくる。

短い夏を集中できないまま終えてしまうのがもったいないと思い始めた。
人生いつまでも続くと思うなと、言うでしょ。
私もそんな年になったんだな。
歌を作る時、おそうじの会に向けて資料を作る時、スピリチュアルな学びをする時。アンテナにピピっとひかかっているものに集中できないのはストレス。
涼しい場所を探してジプシーみたく出かけるけど、
学校が夏休みに入るとカフェも図書館も人がいっぱいで集中出来る環境とは言えないよね。

これまでの私の夏は何もかもがひととき止まっていた。
止まっていても時期が来たら取り戻せてた。
でも・・・
でも、今年からは拡散のエネルギーの夏をパートナーのレイコさんとともに生きてみたいと思っている✌️

Continue Reading

ホワイトセージの危機です💦

窓辺に置いていたホワイトセージが枯れ始めた。
いやー、ここのところ涼しい日が続くなぁと思ってたんだが、
まさかまさかの枯れ具合で焦る💦
水分控えめで根腐れってことはありえない。
何がいけなかったのかよくわからずそっとしてあるけれど、
・・・そっとしておいていいのかと焦る💦
何かしたいんだが、
何をしていいんだかわからずオロオロ💦
確かカリフォルニアからやってきたセージらしいが、
購入したハウスの中は汗ばむくらいだったから、
それと比べたらうちの窓辺はひんやりしてるわ💦
来週くらいには夏の陽気になるらしいから、
それまで頑張れって声かけてそっとしておこう💦

セージのお手当に必要なものはわからないけれど、
うちのお手当グッズは、ヤンノー、ハブ茶、コーレン(節レンコンの粉末)、ナスの黒焼き、梅干しの黒焼き。

Continue Reading

φの計算式でまたしてもつまづく

今年は雨がよく降る。
朝、少しだけ早く起きて畑の草を刈る。
一日では無理だから、ほどほどに作業をする。
午後は地区の掃除当番を済ませてしまおう。

体と心の歯車がうまく合う日。
自分軸で動くとき、”〜ねばならないこと”を無視するということでなくて、
”〜ねばならないこと”の度合いが低くなって、
その分、度合いが高くなるものが立ち上がってくる。
度合いが高くなったのは読書で、
ドランヴァロメルキゼデクのフラワーオブライフを読みたい✌️

本の後半になると神聖幾何学の図形が計算式になって、
いつも手こずって読み進めるのに時間がかかる本、気合いが必要な本。
栞を挟んだまま放置状態となって何年か経った。
今回は放置しないぞとばかり読み進めてきたけれど、
黄金比φの計算式のところでまたしてもつまづく。
こんなとき、数式の勉強をしておけばよかったと思う。

Continue Reading

粘土のパック

今朝、クレイパウダーパック。
クレイはきれいな土地から採取された粘土。
その粉末はミネラル分をたくさん含んでいる。
お湯で溶いて直接肌に乗せると、毛穴の詰まりをとってくれるのでパックする。
私の使っているグリーンクレイは吸着力が強いらしいので10分弱で洗い流す。
顔に乗せるとどんどん乾燥していくのでシワも伸ばしてくたりして。わーい。
カピカピになる手前で洗い流すと、洗い上がりはしっとりすべすべ。
「カピカピにになる手前」までの段階は、
最初にクレイをお湯でしゃびしゃびに溶く→肌に乗せる→水分が飛んで肌の上で粘土状になる→部分的に乾燥するところが出てくるがここで慌てない→”慌てず”優雅に洗面所に向かう→👍
くすんでいた肌が透明感が増して明るく見える。
さっぱり感にうっとりする。
毛穴に皮脂が詰まって見えるならおすすめ。
特にタバコを吸う人はどうしても上にのぼる煙が鼻などの毛穴にかかって、
黒ずんでしまうからクレイはおすすめ。
ワントーン明るくなりますよ✌︎

Continue Reading

はちみつ歯磨き

はちみつで歯磨き。
加熱殺菌していないはちみつにクローブとターメリックの粉末を適当に混ぜて作った歯磨き用はちみつ。
クローブのピリッとした感じがやみつきになってしまい、
投入量がどんどん増えてきてはちみつが気配を消した。
ナスの黒焼きも混ぜていいかも。

ナスの黒焼きはナスのヘタを長時間じっくり焼いて粉末にしたもので、民間療法として使われてきたもの、そんなに珍しくない代物。
デンシーという商品名で売ってますが塩分でしょっぱい。
歯磨き粉として使ってもいいし、歯茎も締まるし、口内トラブルにも使う。
ホワイトニング商材が並ぶこのご時世に、黒い歯磨き粉。
ナスは夏野菜の中でも陰性なのですが、
陰性のナスを火の陽性をじんわりと加える(焼いて丸焦げにする)
要するに炭にしてしまう。

黒焼きは他にも「梅干しの黒焼き」「昆布の黒焼き」が常備してある。梅干しの黒焼きは体を温める作用、風邪とか熱っぽいときに飲む。昆布の黒焼きは喉のトラブルのときにコーレン(節レンコンの粉末)に合わせて飲む。とにかく炭の効果はいろんな場面で効く。
電磁波にも効くらしい。

黒焼きでうちにないのはイモリだけ(笑)



Continue Reading
1 2 3 5