逆説

ところどころ赤い葉になり始めたユーカリ。
ナツメの実も赤く色づいてきたから、鳥たちもやってくる。
早い者勝ちでやってきた鳥たちが縄張り争いを始める。
早朝から騒がしくなるに違いない。

「残り物には福がある」とか「負けるが勝ち」は逆説のことわざ。
”早い者勝ち”の正論に対して、実は残っているものに隠された福があったということはよくある話。
どんな人でも勝ち続けることは出来ないとわかれば、勝ち負けの定義も実は曖昧なもの。負けたことが結果的に幸せや豊かさを受け取るチャンスになるというのもよく聞く話。
この世界は正論だけでなくて、逆説だって成り立つ。

世界を逆説で見ていくとオモシロイ。

You may also like

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)