ケーキ屋さん

今も昔も、大きくなったら何になりたい?と子どもに聞くと女の子はケーキ屋さん!夏に帰省した娘の子どももケーキ屋さんと言っていた。

甘くて、きれいで、キラキラしたケーキ。
ドレスを着たお姫さまスイーツがガラスケースの中でスポットライトを浴びているのを見ると、そこは夢の世界。
私の夢はケーキ屋さんではなかったけれど、
お母さんがケーキを焼くという友だちはちょっぴり羨ましかった。

大人になって、キラキラしたケーキも散々好きなだけ食べてきた。
シンプルなケーキは家に持って帰るケーキ、手の込んだお店でひとつだけいただくケーキ、TPOに合わせて食べ尽くした。
どんなに食べても、その頃から今だってケーキは大好き。

今は近くのケーキ屋さんのシュークリームがお気に入り。
固めにしっかり焼いたシューの香ばしさは高温のガスオーブンで焼いたもので、
その場でたっぷりのカスタードクリームを詰めてくれるのが嬉しい。
クリームを詰めてくれる間に店内のかわいくラッピングされた焼き菓子を見て回る。バニラ味の空気を吸っているだけで、顔の筋肉が緩む。

昨日もいつも通りシュークリームを買って帰ろうとした時、
人手不足で定休日が増えることになると書かれた張り紙を見た。
そう言われて見れば、ショーケースの棚には空きスペースが多い。

女の子の夢はケーキ屋さん。
たくさんの女の子がケーキ屋さんになりたいという夢を持つけれど、
ケーキ屋さんはケーキのようには甘くないんだ。
もし、このケーキ屋さんが子どもの頃からの夢が叶ってパティシエになったとしたら、そんなことはとうの昔にわかってるんだろうな。
でも、すごいよ。
みんなを幸せにしちゃうんだから。
私の歌は、ひと声でみんなを幸せにはできないからね。

You may also like

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)