不快さは抱きしめてしまうがいい

昨日の暑さとは打って変わって、
今朝の風の涼やかなこと。
初秋の風が吹いて、
乾燥し始めた葉っぱがこすれる音も少しだけ高くなってきたなぁ。
天使たちの話し声みたいで、パッヘルベルのカノンに合わせると素敵だわ。
昨日は暑いからという理由で、
今日はぼーっとしながら季節を観察中。

椿大神社参拝と滝禊ぎに疲れは全くないのだが、
宮司と神職さん、メンバーと過ごした楽しい時間に、年甲斐もなくはしゃぎすぎて疲れた←自業自得
この楽しい時間のためなら、
体力的にも精神的にも強靭になるように頑張れる気がしてきた✌️
遅れをとった分を取り戻すには最適な本日、さらに明日は満月だ✌️

満ち足りる月の巡りに合わせて、それなりに不快な出来事も起きている。
不快なそれを排除せずに、体の、心臓のドキリとした感覚に私は気づいている。
どうにかしようと焦っている時の冷静さを欠いた自分、久々に体験した。
こんなに不快な感情なのだから、2度と経験したくないはずなのに体験してしまう。
それは深いところでは体験していないんじゃなかろうか。
不快を様々な手法で打ち消して、なかったことにしていない?

「エゴは抱きしめられるのが一番嫌い」
不快さを抱きしめてしまおう。
それは不快だけれど、起きてもいいし、起きても大丈夫な感情だから、起きてもいいと「私が」許した感情←ややこしいけど。

You may also like

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)