星めぐり

寒い日の星はいっそう輝く。
子どもの学習教材には大人の趣味にも使えるものが結構あって、季節ごとの星の航海図を見ることができるセロファンはその中でも私のお気に入り。
方位を確認しながら見上げてみればほぉー!と感激する。
星を見たいと思う時は、いつも何か迷っていたりするときで、
私は多くこれまで、自分のことに関しては相談することができずに生きてきたけど、頭の中がぐるぐるしちゃってどうにも解決できそうにない時は星を見る。
実際に夜空を見上げるだけでなく、星に関する様々なものがたりを読む。
2月に入って、まだ星を見上げているのにも理由はある。
球状の頭に中のプラネタリウムには無数の星が広がっていて拡張し続けている。
新しく発見した時は間違いなく新しい世界が現れている。
まだ発見していないだけで、星は今ここで生まれて続けている。
迷っている時、解決できない時、まだ気がついていない星があるということ。
星と星が星座を作れば私だけのものがたりが生まれる。
そうして頭の中の星めぐりは今日も続く。

You may also like

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)