ほうきで掃く

箒(ほうき)で掃く。
ささっと出して、何事もなかったような静けさで掃除を済ませる。
複雑で雑多な家事をシンプルにさせてくれる箒、うちではトイレ、脱衣場、玄関、勝手口、台所&居間、それぞれのところに置いてあって大活躍。

これを考えた人は神だな、と思ったら箒もやっぱり神さまだった。
帚神(ははきかみ)という出産と結びついた神さま。
妊婦のお腹を新しい箒でさすることで安産に、他にも玄関に箒を逆さまにに立てておくと長居をする客人を返すことができるおまじないにもなるとか。いつもきれいに整えておくことなどははもちろん、またいだり、踏みつけたりするのはいけません。

そろそろお彼岸。
暑さ寒さも彼岸までの言葉どおりに秋がやってきた。
彼岸過ぎたら稲刈り。
うちらは八百万の神さまの国なので、今では微生物になって私たちが生きながらえるるために尽くしてくださっているご先祖さまも神と思えば神さま。
そうしたらうちの先祖だけじゃなくて、どなたさまも神さまじゃないの?
お彼岸に「ここにも、あそこにも、神さまに囲まれてありがたや」と手を合わせるのはご法度なのか、やっぱり「ご先祖さまのおかげさま」と亡くなった故人の顔を思い浮かべて手を合わせるべきなのか、迷うところ。
はて、私のこの気持ち、これを信仰というのだろうか、宗教と呼ぶのだろうか。
信仰や宗教という言葉は明治以降にできた言葉で、それ以前にはなかった。
外国語を翻訳するときに仏教の経典から探し出してきたらしい。
以前、哲学者の内山節さんがそのように話していた。

これを、祈りと言っていいのかな。
宗教でも信仰でもなく、語彙力ないけど言葉にするなら「祈りという文化」。
世界は祈りであふれているというのに、それらを存続するための組織があるはずもなし、組織なければ会費があるはずもなし。どこにも帰属しないこの思い。
どこにも分類できないものの象徴は自然。だからここにも、あそこにも神さま。
——————————————-♪

祈り  坂口ユキ子

ここにも、あそこにも神さまに囲まれてありがたや。

ごはんを食べる。
家事をこなす。
仕事をする。

避けようもなく、避けることもなく連なっていくこの日。
それが暮らしという現象であるなら、
雑多なものばかりで埋め尽くすことのないように、
雑多な物事の隙間を一輪の花で繋ぐ。
祈りや、有り難さや、感謝で繋ぐ。

Continue Reading

ものづくり

今朝もチャパティを焼く。
きのう雑貨屋さんで見たサリィの刺し子も、このチャパティも同じインド。
長野でも刺し子、郷土食として薄焼き、ニラ焼きがあるのだから世界どこでも共通する食文化の源流ってあるんだろうな。

薄焼きは重曹を入れて焼くので少しふんわり。
チャパティはもっとシンプル、そのうえ手間なしなのがいいのだけれど、
一番のお気に入りは直火で焼くこと。
片面は鉄のフライパンで、もう片面は焼き網の上にひっくり返して焼く。
焦げ目がバッチリつくけれど、直火はDNAの中の何かが呼び起こされる。
月を見て狼になるみたいな?
いえ、そんな危険なヤツじゃなくて。
土着な、大陸から鉄がやってくる前の縄文期の「ありがたさ」という感じかも。思わず手を合わせたくなってしまう感じ、信仰の始まりみたいなもの。

Continue Reading

人と違う自分のことをとことん好きになる

髪をセシルカットにした。
毎日がサバサバしている。
小さなこと、例えば出かける前に気になるハネた毛先に「ダメ出し」をする自分とか、顔や首にかかる髪の収まりの悪さから解放された気分。

夕方にケンと近くの温泉に出かけた時、
祝日でごったがえす脱衣場でドライヤーの順番待ちが起きていても、
ささっと着替えて退場できる。
人の渦からも解放された気分。
夕食の時間帯を避けて、早めに出かけたのもよかった。
いつもなら、ケンに誘われても億劫になるのに、
今日はなんだかフットワークがいいぞ。
これもショートヘアーのお・か・げ・さ・ま✌️

私の髪は細くて少ないネコっ毛。
伸ばそうとしても肩あたりまでかな、切れて伸びてこない。
そうしているうちに上部がペッタンコになる。
パーマをかけたり、トリートメントを変えたりと、試していたのは30代半ばまでで、ヘナを始めてからは、そういったものからどんどん遠ざかった。

母も同じ髪質。
母は頻繁に美容院に行っていた。
時代は昭和、ふんわりと盛った髪型が流行の時だからなおさらのこと母も自分の髪質に対してコンプレックスを持っていたんだろうと察する。
コンプレックスも充分経験すると新しい発想が生まれてくるのは止められない。
「陰極まれば陽になり、陽極まれば陰になる」
流行や主流から外れて、人と違う自分のことをとことん好きになる。
ファッションも暮らしも、自由な発想で楽しむのをとことん自分に許す。

ケンも私も大好きなかぼちゃぷりん。
寒天パウダーと葛粉を使う。
甘みを控えて、フォークで荒く潰したかぼちゃは栗のようにホクホクになる。
もっと甘味が欲しい時はメープルを。

Continue Reading

無力を知ることは無力で終わらない

椿大神社を参拝の時に、いつも気になっている行満堂の存在。
月に一度の護摩焚きがされるお堂で、護摩焚きを私は見たことがない。
お堂が社の中でもひときわひっそりとした佇まいだなと感じるのは、
信長の焼き討ちにあったお寺の僧たちを供養するお堂であるからだと聞いていたからかもしれない。

神社の敷地にお寺があるところで有名なのは日光東照宮にある薬師堂。
他の神社でも姿形は仏教の象徴として鎮座してる大黒さま、弁財天さま、お稲荷さんはよくお目にかかる。
鳥居の先のご神名となると、大黒さまは大国主命、弁財天さまは宗像三女神など水の神さま、お稲荷さまはウカノミタマの神としてお祀りされていたりする。

椿大神社にある行満堂。
行満大明神は山伏の開祖、役行者の師であると言われている。
そして猿田彦さまのご子息だという話もあるらしい。
今では真実かどうか確かめようがないけれど、
猿田彦さまをお祀りする椿大神社で山伏の存在を意識せずにはいられない。
山伏は山で暮らす知恵を持った行者。
国土の9割が山であった日本列島を切り開いていくための道案内としての役目を果たした。それは猿田彦さまが登場する神話として残っている。

山伏たちが山を修行の場として生きる時、山は神になる。
自然の中で自然を敬い、自然を畏れ、自然と共に生きる知恵は山岳信仰として宗教と呼んでもいい、生き方とするならば哲学と言ってもいい、どちらにしても猿田彦さまは「道ひらきの神」として崇拝されている。
紀州熊野の山は熊が住めるほどの豊かな山で、熊が住めるということは自然の循環が整っている証しでもあることから「熊野」と名付けられた。その山で人が熊に襲われるという事件があった時、たくさんの熊が殺された。
山で暮らすということは、人間がいかに無力であるかを知ることだっただろうと想像する。
滝の禊ぎでまず最初に体験するのは恐怖という感情なのには理由があるのだと思う。
山伏が滝禊ぎをしたところを見たことはないけれど。

ポジティブ思考がもてはやされる現代には大自然の中で小さき無力の自分を知ることは無意味に思われるかも知れない。
大自然の中で無力な自分を知ることは、
出来ることも無限に発見することになる。

風にしなる枝のような柔軟さを。
無力を知ることは無力で終わらない。

Continue Reading

スサノオ

日差しを遮るためのタープも、そろそろ外していいのかも知れない。
いちばん好きな朝夕の庭の景色を見たいから。
ニセツユクサが庭で幅を利かせていた頃も、
黄色い外来種が庭一面に咲き乱れる頃も、
にぎやかな庭は華やか。

にぎやかだけど、一面の黄色に疲れ始めた頃、
回覧板で黄色い花が侵略的な外来種、つまり特定外来植物だと知って笑った。
どこか遠くからいきなり連れてこられたこの地で、生態系を変化させて馴染んで生きて、群れになっているんだからすごいのなんのって。
何年か前に科学ジャーナリストのフレッドピアス氏の「外来種は本当に悪者か?」という本が発売された。外来種が生態系を元気にしている場合もあるというのだけれど。

そんな見方もあることを知った上で、うちの庭には違和感があった。
これまで咲いていた花がどこかへ行ってしまったこと、消えてしまったこと。
成長が早く背も高い外来種に日光を遮ぎられた可能性が大きい。
とりあえず、黄色い花が終わるのを待って駆除した。
黄色い花は、今も少しだけれど庭の一部に花を咲かせている。
同じ仲間で混み合いながら風に揺れていた時よりも、悠々と咲いているように見える。高い背丈は小さな植物を守っているようにも見えて、まっいいかと、気にもしていない。夏も終わりというのに一番元気。

駆除の後、これまで増えなかった本物のツユクサがどんどん増えてきて、ネコジャラシも増えた。おかげでネコ大よろこび。

外来種は人間でいうなら渡来人といったところか。
古事記とはまた別の歴史観でスサノオをスサの国の王「スサノオ」と呼ぼう。
何万年も前、日本が「日本」と呼ばれるもっと前の時代に、これまた何万年もかけてシュメールから移動してきた民「スサノオ」は極東の国へたどり着く。
高度な技術を携えてやってきたであろうシュメールの民「スサノオ」と祖先たちは和合し、国土を整備し稲を育て植樹した。おかげで肥よくな山から流れる水で多様性生物の海になった。四季折々の風土は繊細で高度な文化を益々発展させていく・・・

スサノオは、やってきた時は渡来人、今では日本の神さま。
奇稲田姫を妻として、日本で初めての和歌を残している。
日本最古の和歌はスサノオの和歌。

「八雲立つ 出雲八重垣 妻ごみに 八重垣つくる その八重垣を」

Continue Reading

ケーキ屋さん

今も昔も、大きくなったら何になりたい?と子どもに聞くと女の子はケーキ屋さん!夏に帰省した娘の子どももケーキ屋さんと言っていた。

甘くて、きれいで、キラキラしたケーキ。
ドレスを着たお姫さまスイーツがガラスケースの中でスポットライトを浴びているのを見ると、そこは夢の世界。
私の夢はケーキ屋さんではなかったけれど、
お母さんがケーキを焼くという友だちはちょっぴり羨ましかった。

大人になって、キラキラしたケーキも散々好きなだけ食べてきた。
シンプルなケーキは家に持って帰るケーキ、手の込んだお店でひとつだけいただくケーキ、TPOに合わせて食べ尽くした。
どんなに食べても、その頃から今だってケーキは大好き。

今は近くのケーキ屋さんのシュークリームがお気に入り。
固めにしっかり焼いたシューの香ばしさは高温のガスオーブンで焼いたもので、
その場でたっぷりのカスタードクリームを詰めてくれるのが嬉しい。
クリームを詰めてくれる間に店内のかわいくラッピングされた焼き菓子を見て回る。バニラ味の空気を吸っているだけで、顔の筋肉が緩む。

昨日もいつも通りシュークリームを買って帰ろうとした時、
人手不足で定休日が増えることになると書かれた張り紙を見た。
そう言われて見れば、ショーケースの棚には空きスペースが多い。

女の子の夢はケーキ屋さん。
たくさんの女の子がケーキ屋さんになりたいという夢を持つけれど、
ケーキ屋さんはケーキのようには甘くないんだ。
もし、このケーキ屋さんが子どもの頃からの夢が叶ってパティシエになったとしたら、そんなことはとうの昔にわかってるんだろうな。
でも、すごいよ。
みんなを幸せにしちゃうんだから。
私の歌は、ひと声でみんなを幸せにはできないからね。

Continue Reading

不快さは抱きしめてしまうがいい

昨日の暑さとは打って変わって、
今朝の風の涼やかなこと。
初秋の風が吹いて、
乾燥し始めた葉っぱがこすれる音も少しだけ高くなってきたなぁ。
天使たちの話し声みたいで、パッヘルベルのカノンに合わせると素敵だわ。
昨日は暑いからという理由で、
今日はぼーっとしながら季節を観察中。

椿大神社参拝と滝禊ぎに疲れは全くないのだが、
宮司と神職さん、メンバーと過ごした楽しい時間に、年甲斐もなくはしゃぎすぎて疲れた←自業自得
この楽しい時間のためなら、
体力的にも精神的にも強靭になるように頑張れる気がしてきた✌️
遅れをとった分を取り戻すには最適な本日、さらに明日は満月だ✌️

満ち足りる月の巡りに合わせて、それなりに不快な出来事も起きている。
不快なそれを排除せずに、体の、心臓のドキリとした感覚に私は気づいている。
どうにかしようと焦っている時の冷静さを欠いた自分、久々に体験した。
こんなに不快な感情なのだから、2度と経験したくないはずなのに体験してしまう。
それは深いところでは体験していないんじゃなかろうか。
不快を様々な手法で打ち消して、なかったことにしていない?

「エゴは抱きしめられるのが一番嫌い」
不快さを抱きしめてしまおう。
それは不快だけれど、起きてもいいし、起きても大丈夫な感情だから、起きてもいいと「私が」許した感情←ややこしいけど。

Continue Reading

死骸

蜂が巣を作り始める頃、まだ巣が小さい時ならば場所によっては「ごめんね」して落とす。
気がつくのが遅くて大きくなってしまった時には”蜂の子が巣から出るまで”なので、よほど危険でなければそのままにしておく。
それは私の、というよりケンの方針。

何年か前、大きなスズメバチの巣がうちの軒下にできた時には業者を頼んで取り除いてもらったことがある。
小学校のPTAが蜂の巣バスターとして見回りをしているので、通学路に面しているうちも何度か蜂の巣を取ってほしいと頼まれた。
それは小さな蜂の巣で、もう数ヶ月で蜂の子が出るときだったために放置したいと区長さんに伝えた。

夏も終わりに差し掛かると、蝉や蜂の死骸を見つける。
今朝、屋根の上に蜂の死骸を見つけた。
まんまるく背中を丸めて、大切なものを抱えるように死んでいる。
今日は雨予報だから、土の上に流されるはず。
土に戻るとき。

そっと、手を合わせた。

Continue Reading

椿さんの水

山から流れてくる水が田を潤す。
豊富な水が流れ、たくさんの生命を支える。
体の70パーセント水分である私を支える水、幾多の奇跡と呼ばれている宇宙の現象はフラワーオブライフに依る。

参道の片側の狛犬が前足で押さえる球にはフラワーオブライフ。
象徴に敏感になると法則が現れる。
隠されてなんかいない、いつでも誰でもわかるようになっている。

狛犬は、もともと6世紀、仏教伝来時にインドから伝わった。
当時、仏教を伝えるということは仏像を伝えるということで、仏像の前に置かれた二頭のライオン(獅子)も日本に伝えられたと言われています。
しかし、この時には狛犬ではなく獅子だったのです。
(京都国立博物館サイトより)

椿大神社は1300年前から日本最古の獅子舞の巡舞作法を守り伝える地。(三重県指定無形民俗文化財に登録)
拝殿の獅子頭はオソロシイ形相だ。
大きく見開いた目と、私の頭など一口で食べてしまうほど大きな口。
そんなワルモノ代表のような存在の獅子を導いて、天地人四方八方の祓い清めの神として再生させた猿田彦大神。
その忍耐力と目覚めへの導きはすごいのだ。

私の椿さん詣ではいつも「私は完璧である」から始まる。
自我が喜ぶような何かをお願いして、足らないものをおねだりすることではなくて・・・私の生が生かされるように導いてもらうこと。
祓って、祓って、振動数を上げていくこと。
滝に入って何かを得たというのは、実際には「一皮剥けて本当のあなたが現れた」と表現したほうがピンとくる。
滝から上がった人が「気持ちがすっきりした」「体中の血液が巡り始めた」「手足の末端まで温かい」は完璧な自分の体の状態。

これまで好き放題に私を乗っ取っていた自我の欲望が、獅子のあの形相に睨まれてシュンと小さくなったところへ、さらに猿田彦さまの強力ウォータービームでみるみる間に水に流されていく。
それを水際からバイバイと手を振り見送る私。
ちょうどさるかに合戦の最後のシーンのイメージ。
サルカニ合戦ではあの後、猿は戻ってこなかったけれど、自我は懲りもせず戻ってくるのだ。それは仕方ない。この世界はそのようになっている。そしてその体験を楽しみに来ている。滝禊を修行と捉えている人もいるけれど、私の滝禊はいつも川岸からバイバイ👋

滝に入る恐怖とか、実際に水にはいって苦しかったと感じるのは自我。
本当の私はいつでも川岸から美しい羽衣姿で自我の欲望にバイバイと手を振り見送る。
そのくらいおめでたい自分でいても、9年間バチは当たったことはない。

この御神徳にあやかりたい人は椿大神社の禊体験へ・・・と言いたいところだが、今は参加者がキャパを超えてしまい基本的にはお断りになっている。
私が所属する小諸椿会では毎年7月の海の日に小諸の滝で滝開き神事をしていて、なんと椿大神社の山本宮司が直々においでくださる滝の禊だ。
まずは小諸で体験するのもおすすめ。私も最初は小諸だった。
小諸椿会に入会すれば椿大神社での滝神事にも参加できるように道が引かれている。

小諸椿会HP
http://www.tsubaki-komoro.com/home/

Continue Reading

椿さんの空

道中、走る車の窓から空を眺めた。
椿さんでも木々を伝って空を見上げた。

台風の影響で数日前に大雨となった三重県四日市に向かう。
青空が広がり、白い雲の塊が羊の毛玉のように浮かぶのを見た。
薄いベールのように青空を透かして広がる雲、
黒い雲も薄く広がれば紫色、紫は彩雲の兆し。
長いうろこ雲が現れては散らばって、また現れる。

パンプスで参道を歩くと、
砂利石にヒールを取られてヨタヨタ歩きになる。
転ばないように注意して歩くので、ふくらはぎにも力が入りいい運動になる。
蒸し暑さと少しだけ登り坂になっている参道が、
長旅でこわばった体をほぐしてくれる。
蒸し暑さ、登り坂、砂利石、ん?何か足りない。
蒸し暑さ、登り坂、砂利石・・・あっ、大竹禰宜さんだ。
いつも「おかえりさない」と私たちを迎えてくれた大竹禰宜さんは退職されたんだ。長い長い神社の歴史から見たら大竹禰宜さんが社にいた時は短いけれど、その瞬く月日に出会えたことの幸せ。

禊祓いの祝詞に私がメロディをつけて歌った「ミソギハライノコトバ」を最初に聞いてお褒めの言葉をいただいたのも大竹禰宜さん、その後に神の森コンサートに出演させていただくことになったのも、最初から大竹禰宜さんのご尽力があったからこそ実現したこと。神の森コンサートの出演者の多くが豊富な経験と実力が社会的に認められている方ばかりの中で、私にはそのどちらもなかったのだから。

懐かしく参道を歩いていくと、その思いをつなぐ若い神職さんたちが声をかけてくれた。

「ただいま」と心で交わす。





Continue Reading
1 2 3 32