お元気ですか?

庭の木の葉がだんだんと黄色くなってきました。
風が吹くと水分の抜けた葉がこすれるカサカサっという音がして、天気の良い日でも雨が葉をたたくようにも聞こえます。
これが、センチメンタルな秋の音として聞こえるのでしょうか。
今朝、庭のあちらこちらに張られた蜘蛛の糸に、風に飛ばされた枯葉がひかかっているのを見ました。
丈夫な糸には肝心な獲物よりも、たくさんの枯葉が付いています。
巣があることを世界に知らせてしまう風になっていることが気の毒に思いました。
葉が散るほどに、いよいよ蜘蛛たちは隠れるところを失いそうです。

それにしても耳を澄ませていると、日常は音で溢れています。
前に停電した時の話をしましたね。
雷で停電した時、その静けさに驚くよりも電化製品がいかに音を出しているかに驚きます。
人は意識したものだけしか聞いていないし、意識したものだけしか見ていないので、こういったことには気づきにくいものなのですね。

蜘蛛の巣にひかかった枯葉のように、心にもたくさんの糸が張られているのではないかと思います。
あなたが私の教師になってから数ヶ月、毎日心の糸が揺れるのを感じます。
秋が近づいたことで体や心にゆとりが生まれると、一層心に貼られた糸にはいろんなものがひかかってきます。
秋という季節だけではなく、たとえば夕日を眺めた時のようにリラックスした心持ちの時にも心の糸を揺らすものに出くわします。
これまで何度も心の糸が揺れるような出来事が起きていたことに気づくのと同時に、こんな小さな振動に振り回されるのはゴメンだとばかりに、価値のないどうでもいいことだと決めつけて見過ごしていました。
心の深いところに見たくないものが隠されているかも知れないと感づいたのは、あなたが自我について教えてくれたことがきっかけです。
この小さな振動を自我はとても恐れていたに違いありません。

心の糸を揺らすものが何なのかと自分で考えても、私は自分の意識したものしか聞いておらず、見ておらず、学んでおらず、その中で選んだり決断したりしているものですから、とても狭い範囲での決断なのです。
どんなに考えてみたところで、選択の基準は小さな世界観で満足し生きてきた私の基準なのです。
その決断が作り出した世界は、希望どうり私の現実です。
そうであるならば満足して幸せでいいはずなのに、まだ戦いは続いています。
いったいいつまで戦い続けるのでしょう。

私が信じて慣れ親しんだ価値のあるものとは何だったのでしょうか。
それは本当に私が望んでいたものなのでしょうか。
あなたが見ている価値あるものは私とは全く違っており、真逆なのです。
この世界では価値あるとされているものが、
あなたには全く無価値なものなのです。

私は本当に何も知らないのだと、気付かされました。
でも、何も知らないという時の私はとても平安に包まれているのです。

Continue Reading

お元気ですか?

こちらは昨日から天候が不安定です。
朝は灰色の空に覆われ空気も冷たいです。
でも自分の心には、春のように清々しい朝が訪れています。
こんなに嬉しいことがあるでしょうか。
世界はすべて私の心次第、ということですから。

これまで世界だと思ってきたことが、すべて個人の心次第だとするなら、この世界に絶対性、普遍性、永遠性の真実はあるのでしょうか。

私が現実と呼んでいるこの世界が、夢なのかもしれないと思い始めたのは、「目覚めなさい」というガイダンスがマスターを通して、本を伝って、ネットを介して、多くの人たちが受け取り始めたからです。
「この世界が夢だ」という前提がなければ目覚めにはなりませんし、そうであれば目覚めることは真実を知ることに他なりません。

「この世界が夢であって存在しない」なんて、安易には受け入れられない私に、あなたは「受け入れられる分だけ受け入れていけばいい」と話しました。
そして、「この世界が夢であって存在しないということを学ぶ準備ができたら、いつでもいらっしゃい」とあなたは言いました。

私はあなたの見方で、この世界を見てみたいです。
「真理を学ぼうとして、それに失敗する者はいないと」という、あなたの言葉を信じます。

自分の信念体系で作った窮屈な世界を、今、解放します。

Continue Reading

お元気ですか。

今年はコロナの影響で、いつもの年とは随分違う春夏を過ごしていらっしゃると思います。
暑さも和らぐ9月になりましたね。

今、あなたのことを思いお手紙を書いています。

体の具合はいかがですか?
これからは少しづつ過ごしやすくなりますね、
夏の疲れもおありでしょうから、無理をせずに過ごしてくださいね。

あなたは「この世界にはあなたが望むものは一つもない」と話していましたね。
あの頃の私は夢や希望がたくさんあったので、あなたが世捨て人のように見えてしまい、この言葉の意味を真剣に考えたことがありませんでした。
でも年を重ねて、自分が描いていた夢や希望が薄れてきた今、ずっと自分が求め続けてきたものが何だったのかと自問するようになりました。
夢や希望が、私が本当に求めていたものの代替品のようにも見えてきました。
そして、私が本当に求めていたものはいつも私のすぐそばにあったことにも気付いたのです。
あなたの言っていたことが、やっと腑に落ちました。

人生と呼んでいるものが時間軸に起きるドラマだとするなら、
もっと早くに、あなたの言葉の意味と真剣に向かい合っていたら私の人生も違ったものになっただろうと思うところですが、人生の意味についての考えが変わりつつある私には気づきの早い遅いはあまり意味がないのです。
あの時の私には必要だった夢や希望が、実は自分を、ある時は他者を傷つけたりしていたのだと気づくことがありますが、この経験はすべて愛と赦しの経験にしていくことができるのだということもわかってきました。

決して無理強いすることのない、あなたの言葉はこの先も私の心の中に、あなたと共にあります。

Continue Reading