元旦、氏神さまにお詣りに。
長い階段を息を切らして登っていくと、小高い山の頂上におわします。
遠く、低く、町を眺めていると、
神さまの目線というとおこがましいんだけど、
ここから見ていると、人はみんな今いる場所で頑張っていて、
神さまは助けが必要とされればいつでも出動できる場所におわすんだなと思った。
助けが必要ならば・・・と思って、
私たちが自分の力でできることなんてひとつもないんじゃなかって感じた。
このくらいならできると思っていることだって、
本当の意味ではできていないとも思った。
そして神さまの目は私たちの五感のようにはできていない。
自分の概念でしかこの世界を見られないような私たちの目はとても不確かなものだということを忘れない一年にしよう。
判断を放棄しよう。
いつでも助けられているのだから心配はいらない。

Continue Reading

2021年明けましておめでとうございます。

大晦日は夜になってどんどんと冷え込みが強くなり、
ニュースで聞いたとおりの寒波、
長野に越してきた頃を思い出しました。
信州のお正月らしいお正月です。
空気がカチンと凍って、コタツの中で足を付き合わせて身を寄せ合う。
ワインを飲むつもりが、熱燗に変更になり、
心温まるお正月です。

今年もmacro to microをよろしくお願い致します♪

Continue Reading

ピュアなエネルギーを取り入れたくて、ここ数日は玄米と野菜で過ごしている。
今年に入ってから、やたら花屋へと足が向く。そして一輪だけ買う。
花瓶に挿すと内側から新鮮さが立ち上って来るみたいで、
求めていたものがコーヒーでもなくおやつでもなく花だと気付いた。
花は静かで瞑想的かと思いきや、体が動く。
動かない植物のメッセージが「動け」だったりするから面白い。

ケンは高熱の風邪をこじらして、食欲もあまりない。
ならば、「動け」という気づきを無視せずに
自分のカラダが欲しているものを作って「コタツでおひとりさまごはん」。
いつもは家族と自分の好みの間をとって作っているので、
自分の好みは時間があれば作るけれど、
時間がもったいなくて後回しにしていたんだなあ。
玄米、小豆の塩煮、かぼちゃと昆布の含め煮、
根菜の炒めなます、梅ごぼうとお味噌汁。
こんなに簡単にできるんだから、
これからは自分のことを後回しにするのをやめようと思った。

ケンに「何が食べたい?」と聞くと、「うどん」、
国産小麦と塩だけのシンプルな麺と小松菜であっさりほっこりうどん。
この数日、ずーっとうどんが続いている。
少しづつ、野菜やワカメもいいかも。

で、ピュアなエネルギーはどうかというと、私らしくピュアです。
というのも、
食べ物はナチュラルですが、
だからといって私はイメージとしてのナチュラルでは生きられないので、
今一番落ち着くナチュラル、サイケな部屋で私のピュア。

Continue Reading

新年明けて、初のおそうじの会。
節分の豆まきが迫っているこの日、お堂の掃除や豆まきの会場となる広間の机やイスを片付けたりと案外と力仕事です。
参加者が多く、サクサクと手際良く進めていくあたり、
みんなの頭の上にピーンとのびたアンテナがあって、
言葉による指示よりも先に直感で動いてしまっている感じがするなぁ(笑)
最終的にこういう状態にする、という最終図を知ってるんですか?
そう聞きたくなる。

坐禅をしている間、私は引き戸を隔てた台所でお味噌汁を作っているわけですが、心静かにしていると和尚さんの声が聞こえてきます。
この環境で作るお味噌汁が美味しくないわけがないと、いつも思う。

1月はご馳走をたくさん食べた。
25日の新月の日、私は翌日のおそうじの会の準備に取り掛かる。
歩き回り、手を動かし、五感で味を整える。

マクロビオティックは医食同源の理論ですから、
陰陽理論を使った調理で治癒へと向かわせる魔法のようなもの。
自分にもともと備わっている機能をフルに動かせて健康を取り戻していく。
なんとなくいい気分になって癒されたとか、
そんな料理ばかり作っていたら、桜沢如一先生が許さないと思うんだ。

そして昨日は雑穀のアマランサスを使って、和え物を作って見た。
鉄分の味とほんのりとした苦味があるアマランサス、
この滋味を新年初、それも新月に体に入れて見たくなった。
扱いづらいアマランサスの個性を思う存分発揮させたことで、
気を良くしたアマランサスは体の中で大きな働きをしてくれると思う。
塩あずきも、かぼちゃの甘さをプラスしないで塩で味つけたことで、
小豆は小豆らしい甘さを表現してくれた。
アマランサスの鉄分の後で、塩小豆を口に含むと、
二つの食材のありのままがなんて素敵なのかと感じた。

Continue Reading

守護天使や女神や精霊が描かれたカードは眺めているだけで幸せな気持ちになるものだけど、最近惹かれているのはクロウリーのトートタロット。
数秘やカバラ、セフィロトの樹と結びつけた黄金の夜明け団が謎めいてくすぐられてしまう。
アレイスター・クロウリーの本を2冊持っているんだけど、難解過ぎて挫折すること度々。
魔術師とか、オカルティストとか儀式とか、ちょっとアレなんで、大きな声で言えないけれど、歴史上最も有名な魔法使いという肩書きがたまらん。
昨日、ヘビィメタルのオジーオズボーンがパーキンソン病と診断されたことを公表しましたが、彼の楽曲にも「ミスター・クロウリー(死の番人)」というのがありますね。
この先もやっぱりココロ惹かれる魔術師。

写真のダイちゃんも、やっぱりココロ惹かれる魔術師なのだ。
自分が望んでいるものにブレがない。

Continue Reading

根気がいる作業の後で、バニラマカデミアフレーバーのコーヒー。
マクロビオティックではコーヒーは体を冷やすものなので玄米コーヒーなどの穀物コーヒーをおすすめしてますが、冷やす作用はクールダウンだったり、こわばった体を緩めたりする作用でもあるので時と場合によっては、よき作用。

おしゃれなコーヒーメーカーじゃなくて、カルディのおひとりさま用プラドリップでカップに直接セットするタイプのやつ。
ハワイアンを聴きながら飲むのが好き。

心が穏やかでパステル色なのは、暖かい雨のせいかもしれないし、
コーヒーの香りなのかもしれないし、
最近起こしたアクションの疲れが癒され始めた時なのかもしれない。
そろそろ週末のおそうじの会のごはんを考えなくちゃ。
2020年のスタートをきって集まるメンバーに、
体の中から応援できる食事を作ろうとワクワクする。
今年は暖冬といっても、2月に入るとぐっと冷え込む。
膀胱と腎を冷やさないように、
また腎のエネルギーは寒い冬の間に一年分溜め込んでおくような気持ちで。
腎臓さんは私のごはんを今か今かと待ってるはずよっ✌️
集まったメンバーは私の腎臓の声に誘われて、やってくることでしょう〜♪

Continue Reading

榛[hashibami]において、編曲とプロデュースの周防義和氏ですが、「カツベン!」で日本アカデミー賞優秀音楽賞を受賞されました。
おめでとうございます!

じつは、1月中旬に周防さんと久しぶりに再会しました。
私は周防さんと会う時にはアンテナの感度が異常に高くなるので、
表向き音楽、しかし意図していないところのキャッチがどんどん入り込んでくるのです。
あとで整理してみると、タロットでいうならば大アルカナのカードくらいのインパクトです。
各地で音楽学校の先生としての顔を持ちながら、カッコよく年を重ねている音楽家で、その音楽は多様性から生まれた普遍的な美しさと言う感じです。うまく言えないけれど、その音楽センスに嫉妬しちゃうくらい。
榛[hashibami]を制作している時には、これまであまり気にしてこなかった「和声的に変な場所」を理論的に説明もらったり、学びも多かったです。
話が抜群にわかりやすくて、周防さんと出会って学ぶ機会のある人は羨ましいなと、本当に思うのです。

私がキャッチできるのは普通の会話の中だったり、映画作品についての話の中だったりに現れてくるもの。
タロットで例えるならば、
短期間の小さな変化を表す小アルカナのカードのメッセージから、人生の軸に持ってきてもいい大アルカナカードのメッセージまで、経験から導きだした真理って、音楽だけに通用するものじゃないんだなと思った次第。
「真理はひとつ」って事をまた確認しちゃったような出来事でした。
いつか、周防さんの映画についてのお話し会をやりたい。

写真は、「榛hashibami」を制作後、「yukkoダダルカ」というバンドで活動していた頃の写真です。周防さんと、ベースは山ちゃん(山浦タケヒコ)
10年くらい前のことだけど懐かしいなぁ。

Continue Reading

さそり座の月、新月に向かって後半に入る時期。
ものごとがサクサクと順調に進む時期ではないから、
こんなときには新月過ぎて「動くとき」に向けて準備を始める。
ひとりになる時間も大切なとき。
日曜はコーヒーをたっぷり入れて、ケンと1時間以上も話し込む。
いただいた百花蜜のハチミツをたっぷりと塗ったトーストにお腹も心も癒されて、自分の中心に戻る。

さて、いい天気。
冷たいけれど窓を開けても良さそうだ。
私の太陽星座の血が騒ぐ。

占星術が教えてくれる「この世の生き方」は私には似合わない。
今の星の流れを知って、この世をうまく生きている星座の真似をするなんて、
私にはできない。
私は私を生きるという選択肢しかない。

Continue Reading

日が長くなってきて、心が落ち着かない、そわそわします。
12日から13日にかけて、土星と冥王星が山羊座で合(コンジャクション)だそうで、それが意味するところ、時代が大きく変わるタイミングらしい。
いや、私もyoutubeで聞いただけで、説明できるほど星の巡りについて知っているわけでないのですが。
ああそうだろうなと思う・・・思いませんか?
そわそわしたり、理由のない不安定感。
山羊座は物質社会の極み、みたいな場所だから、
今の私たちは物質文明の極まったところにいるんだな、なるほど。
とにかく重い感じがしますよね。
とにかく、軽やかに、軽やかに。
気がついたら表に出て深呼吸をする。

暖かい日が続いてます。
ちょっと気持ち悪いくらいの暖かさ。
ニュージーランドの火災が影響している可能性もあるらしい。




Continue Reading