11月:八百万の神さま祭り

10月になると店先には大きなカボチャをくり抜いた「ジャック・オー・ランタン」が並んでハロウィンを知らせる。
今年のハロウィンは満月。
ハロウィンはキリスト教のお祭りではなく、キリスト教から見た異教徒たちのお祭りなので、日本で言うところの八百万の神さまのお祭りという括りでいいじゃないかと思う。
その中には魔女やオバケがいても不思議じゃない。
我が国には祟り神という神さまもいるくらいなんだから。
日本という国の器の大きさには日本人の私でも本当にびっくりするわ。
ハロウィンは八百万の神さま祭りってことで。

どうしてカボチャなのかはわからないけれど、
くり抜いたカボチャの中にロウソクを立てればお盆の提灯みたいでお供物っぽいし、イベント的に見るなら怖そうに見えるからじゃない?

うちはハロウィンの日に巨大サツマイモの収穫があった。
それはそれで嬉しいです。

関連リンク