10月, つぶやく:「忘れてはいけない面倒なこと」に、自分を奪われてしまわないように。

手荒れの季節。
ハンドクリームは香りやテクスチャーなど、いろいろと試してきた。
でも結局はシンプルにパックスナチュロンのハンドクリームに落ち着いた。
ピアノやパソコンを使う時に手がべたつかないのもいい。
自分の身につけるものは優しいものにしたい。

今朝も太陽を眺めながら、
今日も機嫌よく1日を過ごそう。
昨日から購入を迷っている本があって、
それは必ずいつか必要とする時が来るだろうと感じたものだけど、
それは”いつか”という未来ではなくて、今じゃないかのかと、ふと思った。
そろそろ残り少なくなってきたダイちゃんのカリカリの注文も忘れていたから、一緒に注文した。

”名もなき家事”と呼ばれているものがわんさかある。
それは頭の中にインプットされている。
メモしたり、リマインダーを設定することができるものはわずかで、
ほとんどが頭のどこかに記憶されているもの。
「忘れてはいけない」という強迫観念と共に。
炊事洗濯なんていうのはそれと比べたら大変なことではない。
それよりも生きている場の潤滑油”名もなき家事”こそが大変。
家族と言えども共同生活には潤滑油が必要で、
それが軽視されるとキィーキィーと音を立て始めるのだ。
忘れてはいけない面倒なことに家族は気づかない。
だから一層、今日も機嫌よく過ごそうと思う。
「忘れてはいけない面倒なこと」に、自分を奪われてしまわないように。

関連リンク