9月, つぶやく:大変なことはご機嫌さんで。

振降り続ける雨、明日も雨予報。
これで週末の稲刈りの予定はなくなった。
戦力になっていた息子の手を借りることもできなくなったので、
平日にケンと私でボチボチやろうという話になった。

去年は雨が上がるのを待っているうちに、タイミングを逃してしまったから、今年は天気サイコーでなくても稲刈りをしようと思う。
他にも稲刈り機の取り替え部品が作業日に間に合わないと連絡があったりして、今年のところは修理して使う他ない。
こうして当初の計画はボツった。
天候不順が続く時期でもあるから、この先は稲刈りがうちの最優先事項。

これまで私が育ってきた環境に農業はなかったのでどうしても慣れない。
小さい頃から見て真似てきた人がちょっと羨ましいよ。
飲み込みが早いし、手つきも身のこなしも、どことなく板についてるから。
私が出来ないことなんか全部お見通しなんだけど、
それでもせめて、大変なことはご機嫌さんでやりたい。

「まさか、私の人生に農作業の経験が運命付けられているとは!」
と、ちょっと大げさにしてみると、大変さが軽減されるという魔法を使う。


関連リンク