8月, つぶやく:少しだけ、笑顔が増える

2020年、暑い8月も終わった。
東京オリンピックが延期になったり、コロナウイルスでこれまでの考え方が通用しなくなったりと、大小様々な変化に振り回されるような夏だったと思う。
変化することは、この宇宙の法則。
私たち人間は高度な知能を使って全てをコントロールできると錯覚してしまったけれど、残念だけど変化を止めることはできない。
だって法則は人間には変えられないから。
せいぜい変化の渦に飲み込まれてしまうと言う妄想から目覚めているようにすることだけ。

8月、私は笑顔でいられることが少しだけ増えた!
笑顔が増えたなんて、そんなちっちゃなことに気づいたからといってそれが何?と頭は言うけれど、心が無視できないと言うのよね。

笑顔がどんなに素敵なことなのか、笑顔が伝染することも私たちはよく知っている。
笑顔に救われたり、笑顔が癒しになったりするのを私たちは目撃してきた。

作り笑顔はソレとは違って技、頭で作ってるからすっごいエネルギーを使うの。
作り笑顔は大体エネルギッシュな人の為せるワザ、
私のように軟弱な人が適当にソレをやってしまうと完全にアウト、心を見透かされる。

永遠性のない姿形の美しさを比べるることはできるけれど、
私の笑顔とあなたの笑顔は比べることができるだろうか。
比べるどころか、同じものを内在している証拠が笑顔。
本当は、男性も女性も内在している笑顔のような美しさを見たいし見て欲しいと思っている。
だって、それが本当の私たちだから。
人相はその人の選択が現れてくる。
物や身体の選択と心の選択が現れている。
と言うのも、人生=選択と言ってもいいくらいに人生は毎瞬、選択を繰り返している。

心が何を選択しているのか。
その選択の目的は何か。

今年の夏は自粛が続いて部屋にひとりでいることが多かったけれど、心が何を選んでいるのかに無頓着にならないように心がけてきた。
たぶん、笑顔が増えたのは少しづつだけど選択に迷わなくなったからだと思う。

そして笑顔の時、私は歌っている。
声というより、言葉というより、これが本当の私の歌。

関連リンク