8月, つぶやく:イナビカリリセット

突風で、急場しのぎに立て掛けておいたヨシズが傾き、めくれ上がり、倒れてしまった。
ブロックで固定してある事務所の看板も大きな音を立てて倒れた。
ユーカリの木は柔軟体操でもしているみたいに風にあおられているけれど、しなやかな枝は気持ち良さそう。
ジェットコースターに乗せられ、髪を振り乱しキャーキャー騒いでる女子みたいにも見える。

連日36度という暑さが続いている最中、夕方にゴロゴロと低音を響かせやってくるカミナリ様はアイドルのようだ。
来た来た!と、ハート型のココロが騒ぐ💗
家中を風が吹き抜けると、手の届かなかったところに溜まっていたホコリと猫の毛がふわふわと空を舞う。
素敵!ラッキー!ハタキをかける手間がなくなった。

山を隔てた隣町、山の上では雨が降った様子、
町で降らなくても5度くらいは温度が下がる。
コロナと暑さにコントロールされて作り出していた不快な場面を、
カミナリ様に連れられて来た突風が吹き飛ばしてリニューアルしてくれた。
溜め込んで来た情報がリセットされて、頭の中が静まる。

稲も頭を垂れるほどの実をつけた。
雷が多いと豊作と言われている所以は、稲妻が稲の肥料になるかららしい。
神社の大きな太鼓がカミナリ様の音とよく似ているのは、低音で響くゴロゴロという音には穢れを祓う意味もあるのだろうか・・・。
そうならばと、イナビカリリセットーっ!!(かめはめ波ーっ!のノリで)
・・・私は地味に、土ぼこりでザラザラした床にモップをかけて、念入りに拭き掃除をした。

感謝。

今年も暑さのピークは過ぎた。

関連リンク