8月, つぶやく:真夏の暑さに、空は秋

昨日は空が変だった。
こんなにも暑い夏の日には入道雲がモクモクと発生して、数日おきに夕立がやってくるはずなんだけど、昨日は晴天で雲がほとんどない。
秋のような空だとケンはいう。
真夏の暑さに、空は秋。

午後、アイスを持って深さんの部屋を訪ねた。
バテていないかと心配したんだけど、なんのことはなかった。
部屋の窓を対角線に開け、扇風機を回した部屋で、椅子にキチンと座り、テレビをつけて婦人雑誌を読んでいた。
完全に私の方がイライラしているし、バテてる。
さすが、この土地に80年以上住んでいるだけある。
その間には日照りも長梅雨もあっただろうから、体に染み込んだ対処の記憶が正常に稼働しているんだなと羨ましくなった。

私も、もうイライラしない、と決める。

昨日と同じようにしようとするからいけないんだ。
夕ごはんに、小さなジャガイモを甘辛く炒め煮にした。
トマトとバジルマリネ、大根ときゅうりと大葉サラダ、大葉たっぷり醤油麹漬け納豆、味噌こんにゃく・・・
しばらくは朝のうちに野菜を漬け込んだり、プレスサラダにしたり、そうすることにした。朝が忙しくなるけれど、夕方に火を使うのをなるべく控えたいから。

私にも過去に蓄積した経験があることを忘れていた。
そもそも私は主婦でありアーティスト、クリエィティブなお仕事経験は長い。
家事と料理と歌で鍛えられた企画力を甘く見てはいけない。
アイディアは無限、組み合わせも無限にある。
簡単に済ませるためのアイディアも、凝ったナンバーも、自由自在。

もうイライラしなくていい。
完全な幸せの中で、猛暑は私をイライラさせられないのだ。

関連リンク