7月, 留め帳:畑からのメッセージ

夏の野菜、早くも半分が枯れはじめた。
豆類は強いなぁ、上へ上へとツルを伸ばして、まだ余力を蓄えている。
トマトはなかなか熟さず、青いまま。
青い実は8月に入るのを心待ちにしている感じだ。

ところが・・・
思いのほか大きく立派に育っているのが「大根」
いつもの夏のような陽気がやってこない今年に、大根はたまらなく嬉しい食材。
例年、深さんから届く夏野菜はキュウリ、トマト、ナス。
その中に時々細くて辛い大根が数本混じっているけれど、
辛いのでお味噌汁に入れたりして食べていた。
今年の大根といったら太くてみずみずしく、辛味も少ない。
雨が続いて夏野菜はイマイチ育ちが悪く、いつもはうまくいかない大根が立派に育った。
なんというか、畑は医者であり教師であり、優しい友達だ。

なかなか陽気が戻らない今年のような夏は、例年通りに野菜をサラダにして食べ続けていたら、秋になって不調が起きそうだなと思っていた。。
それでも畑で育つ野菜に悪気は全くなく、問題は食べ方。
陽性と組み合わせて食べよう。
味噌でもいい、火を通してもいい、塩漬けもよし。
それでも有り余るくらい採れた時にはお隣さんにおすそ分けでよいのだ。

根菜の出来が良ければ、それは「根菜を食べなさいよ」と言うメッセージだと思えばいい。陰性ばかり食べているとカラダが浮腫みますよと。
どんな夏でも適度な陽性は必要だけど、今年は念を押された感じの大根。

今月のおそうじの会は大根づくしになるはず。

関連リンク