7月, つぶやく, :半夏生、梅雨明け間近。

夏至から11日目、もしくはこの日から始まる6日間を半夏生という。
7月2日(2020年)はそろそろ梅雨明け間近を知らせる日。
半夏生までに田植えを終えないと稲が育たないとか、
農作業はお休みにするとか、
農業と関係ないように思えるような習わしが日本各地にあるけれど、
意味を広げてよむならば疲れた体を休めるという意味合いでしょうか、
大まかには農業暦と言ってもいいと思います。

手植えでの田植えは骨の折れる作業、
体を休めて夏に備えるという意味を含んでいても間違いではない。
農業とは無関係な人でも梅雨時はいろんなものが腐りやすいし、
気分も下がり気味。
梅雨の合間には蒸すような暑さになり、
水分を取り過ぎるわ体力消耗するわで疲れを溜め込みやすい。
この休息で体力を蓄えて猛暑に備える知恵だ。
疲労回復のタウリンを含んだタコを食べる習わしもあるらしい。

関連リンク