6月, つぶやく:シジュウカラの群れ

シジュウカラが群れでやってくるのは初めて。
庭のナツメの木に一羽、また一羽と、どこからともなくやってくる。
しばらく眺めて、シアワセな気分に浸る。
巣箱を作ろう、絶対に作るわ!
なんてカワイイのでしょう!

庭を眺めると、十薬の花が咲き、金魚草が風に揺れる。
落ちたナツメの実が芽吹いたのをそのままにしておいたら、木になりそうな勢いでどんどん大きくなる。
この庭はほっておいたら森になるねと、笑った。
それが自然なら、その方向がいい。
「できれば人のコントロールは少ない方がいいに決まっている」、という事がケンと私の進みたい方向。おしゃれもセンスもなくていいのだ。
自然と調和していればいい。

関連リンク