玉ねぎに薹が立つと、固くなるらしい。
どう固くなるのか、試しに玉ねぎ丸ごとマスタークック で煮てみた。
昆布を敷いた鍋に、十字の切り込みを入れた玉ねぎを並べて上に味噌を乗せる。1センチほどの水を注いで弱火で20分。
トロリとした甘い玉ねぎが煮上がった。
夜になって日本酒のおつまみに最高で、ふたりでペロリと食べてしまった。

食べられないほどかたいのは芽の部分、
煮ても藁を噛んでいるような硬さで食べられない。
実の部分は煮崩れにないで丸い形を残して煮上がった。
と言うことは、実も若干繊維質がかたいのだと思う。

庭に落ちる葉と雑草で作った有機肥料で育てた玉ねぎはどれも小さめだ。
来年は堆肥箱をもうひとつ増やす予定。

他にも、大きくなりすぎた固定種の小松菜、
試しに野沢菜の要領で切り漬けにしたら美味しかった。
ついでに大きくなりすぎた菜花、
青虫がすごくてちょっと引いたけど、試しにに茹でてみた。
これは固くて食べられない。

薹が立った玉ねぎがかたいこと、どの部分が硬いのか、この時期の菜花は無理して食べるもんじゃないこと、大きくなった小松菜でも大丈夫なこと・・・
畑で起きる小さなひとつひとつが今日を豊かにしてくれた。
私と畑の、私と地球の、新たな1ページ。

関連リンク