5月, つぶやく:土用の18日間

酵母ジュースが窓辺で発酵を進める。
春は「育てたい」の輪がどんどん広がる。
それは個人のブログでもfacebookでも顕著に現れていて、育てる人たちの情報には育てる愛がたくさんあるので参考にさせてもらっている。
「育てる」に夢中になっていると私の細胞も発酵が進むみたいで、腐敗にならないようにガス抜きも必要。
外でランチとか、おやつ作りとか、漫画を読むとか。

土用の18日間は「甘い野菜のスープ」で脾臓と胃をいたわった。
ただでさえエネルギーが定まりづらい土用に新型コロナに右往左往しているわけだから、今回は心身ともにエネルギーレベルで念入りに観察しつつ日々マクロビオティックの実践を試みた結果、この時期特有の不調は起きていない。
土用の期間にカフェインをやめたこと、砂糖をやめたこと、おやつを手作りにしたこと、玄米をしっかり噛んで食べるようにしたこと、それらがもたらしてくれた結果的に変化してラッキーだったことなども含めて大小様々な変化があった。
自分の個性だと思い込んでいたことまでが変化していく。
食べ物にそんなチカラがあるなんて、ほとんどの人が信じないだろうけど私にとっては驚くべき事実。
今、私はこれまでの人生で初めて楽観的だ。

関連リンク