5月, つぶやく, :立夏

土用が終わってみると、この期間に習慣化できたことがいくつかある。
これまで3日ボウズで続かなかったことも、
この期間に生活の質が変わったことで習慣にすることができた。
この1ヶ月で、我慢をしたことがあっただろうかと考えても思いつかない。
努力も、頑張ったことも、嫌だけどやったことも思いつかない。
輝かしい結果もないので書くことすらない。

だけどね、

やりたいこと、
心がワクワクすること、
キッチンで、庭で、いつも笑ってばかりいた。

心を揺さぶられるような事が起きたとき、
その不快感を憎んで一刻も早く抹消したいと思うものだけど、
今、私が感じていることは「不快感がなければ気づけない事もある」というもの。
楽しいこと、快感だけを続けようと努力するのは長い間経験してきた。
これはね、執着になっていくからシンドイよ、お勧めしない。
その私がシェアしたいことは、
ONE PEACEのルフィが言うところの「死ぬ気がしねぇ」で済ませてしまう、その気楽さ!
過去の不快感が時々やってくるけど、
そんなときは「死ぬ気がしねぇ」と呟いてみる。
いつの間にか、私ってこんなに気楽だったっけ?と、勘違いしてる?
いや、これまでが勘違いだったのかっ、どちらにしても、
本当の強さの元には気楽さが隠れているんじゃないかと思えてくる、立夏。

関連リンク