2月, つぶやく:あなたは今そのままで完全な愛だということ。

18歳の老猫、だいちゃん。
昨晩、だいちゃんの好きな座椅子から転げ落ちるようにゆっくりと仰向けになったと思ったら、そのまま動きもせずいるので心配になった。
爪がひかかってしまったらしく手助けすると起き上がったけれど、
後ろ足が全く立たない。
何度も転びながら水を水を飲みに歩く。
不安になって、
ケンとshoさんを呼んで、しばらく様子を見ていたら歩けるようにはなった。
それでもふらふらとしている。
足が痺れたのかもしれない。
少し安堵したけど、老猫だから楽観視はできない。
だんだんと、寝ていることが多くなって、
にゃあにゃあの声も大きくしゃがれてきた。
ごはんも少なめ。
体は思うようにならなくなっていく。
目はほとんど見えていない。

今朝、歩き方がおぼつかない。
それでもごはんを食べて、呼べば目で合図して、
撫でるとしっぽをクルクルと回して、
この時間は永遠ではないのだと、実感をともなって腑に落ちた。

あなたは今そのままで完全な愛だということ。

関連リンク