9月, HSPと偏頭痛, つぶやく, 留め帳:感謝することをたくさん見つけていく

スカッと晴れた朝は久しぶり。
台風が近づいているというのに雨の週末、椿大神社でみそぎ。
旅を控えてそろそろ情報をキャッチし始めるタイミングに差し掛かると、体がこわばり始める。
いつものアレだ。

楽しいはずの旅行も、数日前から「ソワソワ」と「イライラ」と「ワクワク」が混じった感情を裏側から眺めているような感覚「モヤモヤ」
あんなに楽しみにしていた旅に出ることと直接結びつかない「モヤモヤ」の成分はだるさ、疲れ、眠さ、遠いところに頭痛とその手前の吐き気。

高速道が苦手なので数日前から恐れは始まっている自覚がある。
楽しい気持ちや喜びにも恐れと同じく敏感になる。
日常でも優しさに触れたら、それだけで舞い上がるほど幸せに満たされ、
悪意や暴力に触れたら頭痛や吐き気になって苦しむ。

私はこの世界に生きるのに向いていないなぁとつくづく思う。
疲れてぐったりしながら、
この体質に意味があるとしたら何だろうかと考える。
意味はあるとも言えるし、ないとも言える。
あるとしたら私が私の中にあるどの意味を選択するのかということになるけれど。
やっぱり内側を自己愛で満たしていく道のりを経験するために、と思う。
それは逆説的に外側に感謝することをたくさん見つけていくことだろうなと思う。うまくできている。

関連リンク