9月, つぶやく, 留め帳:安心していい

妙に、体がぎゅっと締まっている気がするとき、心も閉じているとき。
甘いものや好きなお茶で緩めるけれど、
今日は全く効き目なし。

「何かをしてあげなくてはならない」という思いが、同じようなエネルギーパターンを引き寄せたらしい。
雪だるま式に膨れ上がったそれらは、記憶にないほど遠く深いところで慣れ親しんだマインド。心は落ち着かなさと湧き上がる人工的な自己肯定感でどんより。
深いところではやっぱり自己愛が足りていないんだな。
犠牲的な感情が深いところでこびりついている。

意識的に「忙しくしないこと」は、2019年のテーマのひとつ。
「何かをしてあげなくてはならない」エネルギーは「何かをしてもらいたい」エネルギーを引き寄せて、その間で完結される。めでたしめでたし・・・じゃなくて、誰もがそのループから抜け出し、自己愛が自然に溢れるようなフラワーオブライフのパターンへと戻していく時。
それは新しいパターンなんかじゃなくて、もともと私たちに備わっているパターンを思い出して、戻っていくだけなので安心していい。
それよりも小さなつまずきに、注意深く気付いていること。
そのために心で感じていることを適当にごまかさないこと。

シャワーを浴びて、呼吸に意識して過ごす。
忙しくせず、ゆったりと動く。
息が吐き切れていないことに気づいた。
自然な呼吸に戻るために、息を吐き切る。

安心していい。

関連リンク