8月, つぶやく, 留め帳:終わりのチャイム

草に埋もれたトマトを助けるべく、早朝草刈り。
こぼれ種から成長したトマトが、草やネギの株間に大きく成長しているのを最近になって見つけた。
ハーブ畑の隣はケンの夏野菜の畑で私は最近あまり見ていなかったけれど...
仕事が忙しくなってきたんだろうね、長い梅雨の間に草むらとなってしまった。
草むらの中にトマトをを見つけて、助けるべく、いや、食べたい欲で草刈りに。
背丈のある草の中に踏み込んでいくと、
早く成長する草というのは頑丈というわけではないので草刈りひとつでサクサクとかることができるんだな、これが。
えらいことになったなと、想像していたけれど。
そのうちブンブンと威嚇の羽音が聞こえてきたので、今日のところはおしまい。

昨日も頑張った草刈り。
暑さにやられて熱中症っぽく、夕方から頭痛が続いている。
今も軽くドーンとした痛みがある。
涼しいうちに出来る範囲で続けていくことでしょうね。
羽音の威嚇は、終わりのチャイム。
「何を終わりのチャイムにするかだね」と声がする。
昨日、体の疲れがマックスになるまでに何が起きたか考えてみたら、
ゴム手袋が破れていたことに気がついた時かなと思う。
どんな合図があるかは、わからない。

関連リンク