7月, つぶやく, 留め帳:雨降りのおひとりさま

昨日は雨が降るので、外に出られないダブちゃんはつまらなさそうだった。
家が大好きな私は自分ペースで動ける雨の日はワクワクするけどね。
ご近所さんの宅地工事が始まって、
朝からずっとドリルの音がしてて、
それでも掃除したり家事をこなしているときには大丈夫だったのに。
午後になっていよいよ辛くなって、脱出もアリかと思っていたら郵便配達のおじさんに「すごい音だね」と案じてもらったおかげで気持ちが軽くなった。
人は何にもしてあげられることがないときでも、
案じて、共感してくれるだけで案外乗り越えられるものなんだ。
私はヘッドフォンをして、
これまで避けてきた分厚い本を読み始めた。

それにも飽きてきたので、
届いたたくさんの野菜で2種類のカレーを作って、
保存用に野菜を新聞紙で包んだり調理したり、
つまみ食いをしたり、
マカデミアナッツフレーバーのコーヒーを飲んだり、
好きな音楽に合わせてシャカシャカならして踊ったり、
決してひとさまには見せられないひとりキッチンパーティーをした。

雨降りのおひとりさま。
自由だ。


関連リンク