7月, つぶやく, 留め帳:心配事の8割は起きない

心配性で取り越し苦労が多いとは私のこと。
何も考えずに(本当に考えてないわけではないと思うけど、そんな風に微塵も感じさせない人がいる)物事がサクサクと進んで行く人を見ると聞いてみたくなる。
「考えてないわけではないですよ」
実は念入りに準備をしていると言うのですが、
忙しそうでもなく、ポーカーフェイスで答える。
その人にとっての準備というものが、よく言う「引き寄せ」のようで、
使う言葉も祈りのように美しい。
正義とか道徳観というような風通しの悪いものではなくていい香りのする言葉。
心配性なのは祈っていないと言えるのか、
信頼していないとも言えるのか。

心配事の8割は起きない。
でも、そこで思うんだが・・・
逆に言えば、2割は起きるんでしょ。
その2割を担当するのが心配性の人のお仕事なんだから、
「考えすぎだよ」とか上から目線で言わないでほしい。
いい香りの言葉でもないし、祈りのようにも聞こえないかもしれない、笑顔でないかもしれない(心配してるんだから笑顔はないわ)
でも2割の心配事が起きた時、一番頼りにしていいのが心配性の人なんだから。

関連リンク