6月, つぶやく, 留め帳:夏越の祓

今年も半分が過ぎて明日から7月。
6月の終わり、kenは椿大神社で支部総会。
私は洗車したり、
家の中のすす払いなどの大掃除担当。
年末の大掃除と同等に夏越しも掃除をする。
梅雨の季節、家だけでなく体も心も頭の中も整理するのにいい。
ただ、私は自分の限界がよくわからないので、
休み休みやるということができない。
あれもこれもと24時間に詰め込みすぎて
疲れた、と感じた時には限界にきているパターンが多い。
思うにストイックなところもあるので、
適当にやって丁度、そういう感覚を身につけていこうと思う。
アンテナが察知する情報の海に溺れないように。

家の掃除=祓いという認識なので、
ホコリとか油汚れはともかく、
淀んでいるう場所はすぐにピンとくる。
あれっ、という感覚。
淀んでいるところ=意識しなくなったところで、
「目線という祓い」ができていない場所。

関連リンク