6月, オトナの庭遊び, つぶやく, 留め帳:今にも雨が降りそうな曇り空の下で

今にも雨が降りそうな曇り空の下で、
小さな赤い花を見つけた。
デイジーかな?花瓶に挿しておいた。
ずっとそこで咲き続けていたはずなのに、今まで気づかなかった。
それも無理ない、この畑の6月を経験してまだ2年目。

昨夜、夫と6月を振り返るような話をした。
数年前は毎週ライブをした年もあったほど6月はライブが多かった。
昨年の庭あそびの場所は上の山の畑で、
車で5分の場所だけど、頭はライブのことでいっぱいで、
今日中に草を刈ってしまわなければと焦るばかりだった。
雑草が勢いづいてからいよいよ草を刈るので、花を見る余裕もない。
この時期の畑を観察できるのは今年が初めて。

季節によって新しい命の発見がある。
そして、そろそろ発見も尽きた頃に季節が変わる。
夏は雑草も木も作物も稲も虫だって変化が早いので発見が多い。
ちょっとだけ見るつもりが長くなってしまうから、
どんな時でも長袖と帽子だけは着用して出かける。
私はコットンに染み込ませたハッカオイルを、
使い終わった帽子の中に入れておく。

赤い花は調べてみたらデイジーとは花びらの数が全然違っていた。
なーんだ、デイジーじゃないんだと言ったのを聞いていたからなのか、
夜になって閉じてしまったまま・・・閉じたまま朝になっても開かない。

関連リンク