6月, つぶやく, 留め帳:子どもの頃の夢中になる感覚がようやく戻ってきた感じがする

強い風と雨がやってきた。

雨が降るとドクダミの花がとてもキレイ。
家の北側の狭い庭だけど、
葉が茂り始めた木の根元に雨に濡れて艶々に光るドクダミの葉と白い花。
雨が降れば苔も薄暗い梅雨の庭で光って見える。

昨日は稲苗のケースを返還した帰りに小諸の湧き水を汲んできた。
人が少ない時間のカフェでくつろいで、
ホームセンターで欲しかったミニ草刈鎌を購入。
お昼前に鎌を試してみたら、楽しくなってしまった。
道具は大事だなとつくづく思う。

毎日、生まれ変わるかのように、
毎日違う自分のベクトル、不思議。
子どもの頃の夢中になる感覚がようやく戻ってきた感じがする。
苦い経験の積み重ねも、輝く日々の経験も、
誰かを理解するために与えられたものだとばかり思っていたけど、
それは間違いではないけど不思議。
この世で一番不思議な存在、自分を知る手段にもなる不思議。

今年のミントの群生は少し元気なさげだとkenが言うので、
草刈りの途中で行ってみた。
去年と比べたら背丈も低いし所々土も見える。
今年は作物も少し遅れているみたいだからミントも然り。
もう少したら、玄関や居間に大きなガラス瓶にドバッとミントの束を飾るつもり。乾燥させてもいい。ミントシロップも作りたい。

関連リンク