5月, つぶやく, 留め帳:稲苗を受け取りに行く朝。田圃の水面に風が走り空映る。幕開けの兆し。

早朝に稲苗を受け取りに行くと、まだ朝早いのに農村では仕事が始まっていた。
季節も待ってくれないけど、
日差しも待ってくれないから、涼しいうちの農作業。
私も真似して早起き日課が始まる。

静かな田んぼにちょこんと、小さな稲が植わると草との戦いが始まる。
稲が小さいうちはこまめに対峙しないと、勢いづくと大変なことになる。
畑作業も汗だくになって、蚊に悩まされながら、時にため息をつきながら駆け巡る夏の暮らしの幕開け。
静かな水面に夏の訪れを予感したら、
昔、夏になるとよく聞いたBig mountainの「Baby I Love Your Way」が聴こえてきて、夏の農作業にはレゲエが似合うなあと思った次第。

関連リンク