4月, つぶやく, 留め帳:ここで生きると決めればいい

朝が早くやってくる。目が覚めて新しい今日が始まるのを心待ちにしてしてたのよ!と布団から飛び起きて顔を洗う。



わくわくするアレンジに挑戦したエレピ三昧の日々は週末のイベントで幕を閉じた。練習に練習を重ねて挑戦したアレンジは無残にも砕かれて傷心。突然すぎて、びっくりしすぎて、悲しすぎてMCは意味不明。
再度挑戦という気持ちにもなれず朝がきた。
庭の水仙が沢山咲いているのを畑の方から見たら、心がすーっと晴れてきて、
「私は挑戦したのよね、それでいいじゃない」と思えるようになった。

”変化していくこと”だけが唯一、変化しない宇宙の法則。
年老いた叔父叔母が住み慣れた町を離れて娘のところへ行ったこと、自分もすでに孫がいること、親しい人の死、物忘れなど年々変わっていく自分と自分を取り巻く世界を受け入れて生きられるようになるまで人はもがく。
私の挑戦はもがいている自分だったのかもしれない。
満月から新月に向かう時に、満月の挑戦はひとつの区切りだった。

今日は冷蔵庫で眠っているハーブの種をすべて撒いてしまおう。
友人の吉祥美玲恵さんから教えてもらった魔法の呪文を唱えながら。
「芽が出なくてもいいけど、出てくれたら嬉しいな、楽しいな、あー幸せ」




関連リンク