3月, つぶやく:アドヴァイタ

のほほんと、でも感覚は研ぎ澄まされて3月は穏やか。
ドーパミン系の体験というか、
たぶん多くが求めているような出来事はないのに、
普通に穏やかに過ごせているのがいい。
ねばならないこともないので、
ピアノの倍音とか、周波数とか、
なぜエレピを弾く時には少しの不協和音があるとほっとするのか、
それをほぼ感覚でやっている生命の不思議とか、
生のピアノで歌うときと、エレピで歌うときに意識せずおさえてるコードが違う理由とか、それらが教えてくれる全てに感謝したというわけ。

ずっと途絶えたことのない音の世界、響の中に、シンプルな宇宙の法則性が現れているのに気づくと絶対的な安心感が起きてくる。

 

関連リンク