1月, 留め帳:明けましておめでとうございます

macro to microに遊びに来てくれた皆さん、ありがとうございます。
今年もマイペースで発信していきます。
今年は平成最後の年ですね、
いろんな面で古い殻を脱ぎ捨てていく流れに乗っていきましょう。
断捨離はモノだけではありません。
思考癖もありです。
あれこれと抱えて苦しくなっている人は多いのではないでしょうか。
自分を苦しくさせているものこそ、これからは必要ないものになっていきます。

振り返って、昨年は大小様々なものを手放した年のように思います。
おかげで軽やかで穏やかな年になりました。
全く違う分野に挑戦したり、直感で行動したりしましたが、やりたいと思ったことがいつもできる環境にいました。
今年も私の挑戦は続きます。

私にとってマクロビオティックはライフワークです。
新しい時代に玄米菜食は古典のように思われがちですが、
古くて新しいというのが事実です。
無限に広がる陰陽のゲームを今年も続けていきます。
私はまだまだ失敗を犯す愚か者ですから、食べ過ぎたりします。
きちんと自分を管理できる自信などひとつもありません。
自分を管理できてるフリもしません。
いつでも中庸であることを目指すことがマクロビオティックだと思っていたけれど、中庸は通過点ではあるけれど、留まることはできないのです。
私が食いしん坊で愚か者だからかもしれません。
中庸の静けさを故郷にして、陰陽のダイナミクスを楽しむことこそ人生の醍醐味じゃないかなと感じています。

関連リンク