11月, つぶやく, 留め帳:小松菜

毎度のことで、種まき遅かったかなと思いつつ、ギリギリセーフ。
小松菜の種。
土が硬そうですが、よく出てきてくれました!
とう立ちが遅い品種だそうで周年収穫できるという小松菜。
今年は暖冬か、今のところはですが。
今日などは朝冷え込んで、雨が降りそうな天候なので「信州に冬到来」を感じさせます。冬は嫌いではないし、まぁどの季節も好きです。
日本の四季は宇宙の法則、変化を感じるにはもってこいの環境だなあ。

今、自分のテンポで歩き始めて始めてわかることがあるんだけど、
いろんな人が様々な言葉で、行動で「私って何?」という答えを示し始めているのを見て仲間と出会えた感じがしている。
会ったこともない人と繋がりを感じるのは現実よりも真実味がある。
だけど、注意して欲しいことは、
その人に起きることと自分に起きることが同じとは限らないということ。
同じことが起きるのだと待っていると、起きているのに見逃すことがある。
そうだったとしても焦らなくていい。
何度でも起こしてくれるから。
そこから導き出すものは自分で見つけること。
人からの借り物にしておかないこと。
焦らなくていいから自分のテンポで生きていること。

 

関連リンク