11月, つぶやく, 留め帳:モラセス

ブラックモラセスは月経前症候群で不調が続いた時にお世話になったサプリメント、症状がなくなった頃から白髪にもいいと言われて、じゃあ今度は白髪を増やさない意図をもってひとさじのサプリメントして食べてた。
今は白髪育てに差し掛かったので、ハチミツ瓶の中に紛れてひっそりと出番を待つ身となったモラセスさん。

モラセスは廃蜜糖で、砂糖を作る時に省かれたミネラル分の宝庫。
味はというと、黒糖と言いたいところでも好き嫌いははっきりする。
鉄分の味、栗やソバなどのハチミツが好きだという方にはいいのですが。
アカシアやクローバーなどのやわらかい味が好きな方は苦手かも。
私は平気なのでそのまま口に含んで食べてる。

小さい頃から、両親が養蜂家と親しくしていたので家には絶えず一升瓶入りのハチミツが置いてあった。口内炎や唇の乾燥にも使っていたしテーブルには瓶入りのハチミツが置いてあった。甘いハチミツは幸せを運んでくる。
両親の喧嘩を見て悲しかった時にも甘いハチミツは心を優しく包んでくれた。
大好きだったハチミツがマクロビオティックでは陰性食品に分類されて、避けるべき食品とされている。
けれど私は食品としてではなく、あくまでサプリメントという位置付けをした上で摂るし、家族にも秋から冬にかけて勧めるようにしている。
モラセスはハチミツのテクスチャーと同じなので代替品として長いことお世話になって様々な症状から解放されたのだ。
久しぶりに目に付いたモラセスを口に含んでみる。
砂糖を禁じて、玄米食に頑固にこだわった私は、あの頃何から解放されたかったのか、不安を感じていたものは何だったのか。
この甘みは簡単には取り除いてはくれないなぁと、鉄分の味。

関連リンク