11月, つぶやく, 留め帳:秋の終わり

エキナセアは動かず、立ったまま冬を迎える植物だった。
寂しげに見えても、上から覗くと意外にデンジャラス。

10月の陽気に戻って暖かい日が続く。
昨日は干し柿の皮むきで丸一日費やした。
暖かいせいかサツマイモの傷みが早く、先週はサツマイモ加工場と化した台所。晴天が続いたのでねっとりもちもち干し芋に成功。
サツマイモは陰性が強いから蒸してから干すという陽性の干し芋は理にかなっている。
私はサツマイモを食べると決まって唇が腫れて噛むけど、干し芋は大丈夫。
ストーブの上でさっと焼くと歯ごたえもあって噛むので少しで満足するということもあるけど。

久々の雨降りで、太陽が隠れて、心が落ち着く。
バタバタとした1日も好きだけど、雨降りの薄曇りの部屋も好き。
猫たちはよくわかってて、私が落ち着いてのんびりしている時は膝の上にやってきて眠る。気持ち良さそう。
昨日は心がざわざわすることがあって、こんな明日が来るなんて思っていなかったのに、未来はわからないからおもしろい。
ざわざわさん、ありがとう。
このダイナミックな人生は嫌いじゃない。
好きとまではいかないけど、前よりも好きになってきている。
秘訣は戦わないこと。
明日は立冬。今日は秋の終わり。

関連リンク