今回のおそうじの会はお寺の庭のお掃除です。
前日から梅雨の寒さも緩み夏を感じさせる日差しと爽やかな風が心地よい庭掃除。参加の皆さんの心にも清らかな風が吹いたことだと思うのであります。

今回の献立は、うちでも梅雨時にやっているように乾物を使います。
使いかけの乾物を使ってしまいます。
日照時間が少ない梅雨時こそ、日光を浴びた切り干し大根や高野豆腐などを使います。この時のために多めに作っておいた切り干し大根は主役になります。
天鼓予報で、晴れマークだったので切り干し大根は梅干し入りのサラダにしました。前日と同じ梅雨寒ならば青菜を散らした煮物にする予定でした。
高野豆腐はマリネにしました。マリネは暑い時の調理法ですが、夏ならばリンゴ酢やバルサミコ酢を使いますが今なら穀物酢で3時間ほど漬け込みます。
小松菜と油揚げは胡麻和えにしてますが生姜を入れてあっさりと。
お味噌汁は新玉ねぎ、キャベツなど丸い野菜ともやしを最後にさっと入れます。
甘くてさっぱり。
キャベツはプレスサラダにして水分を調整。
ブロッコリーは油を使わない玉ねぎドレッシングで和えものに。

おそうじの会では様々な経験をした方々が集まります。
そこでは生きた情報が飛び交います。
私が覚えていることを情報として記しておきます。
興味があればキーワードで各自ネットで調べるてください。
桜沢如一先生の言葉「盲信するな」
たとえ良いと言われていることでも盲信はいけません。
自身で調べること。

今日の情報
・筍の保存法
塩をたっぷりとまぶして1週間ほど漬けたら天日干しします。塩が吹いてきます。そのままの状態で保存すれば一年中食べられる
・スギナ
スギナは干してお茶にしたり、粉にして使う。

関連リンク