10月, つぶやく, 留め帳:滝の禊ぎ

10月7日、椿大神社で滝の禊。
マクロビオティックの桜沢如一先生も言っているとおり、
どんなに厳格に正食をしていると思っていても、日々少しずつ間違いを起こしているのが人間。
年に2度に禊ぎは大切だなと思っているので、宗教的だといって毛嫌いする人もいるなか、自分の判断には満足している。
何かしらの間違いを起こしたという覚えがあって滝に入ってもいいけれど、「間違いを起こした」と気がついて対応したのならばそれで禊ぎは済んでいる。
逆に、気づいていない間違いの多さを含んだ人間という生き物の罪は大きい。
もし、今が幸せでないのならそれも罪だと思う。
マクロビオティックでは健康でないことも罪なのだから。

 

関連リンク