9月, マクロビオティック:毎日の献立作り

食物の色、形、硬さによって違った種類のビタミンが含まれています。彩りを考えてバラエティに富んだメニューにします。

■朝ごはん
体を横たえてねている姿勢から起き上がり、エネルギーがみちてくる時間帯です。軽い陰性のエネルギーは「上昇のエネルギー」と呼びます。
軽やかさが朝のエネルギーなので、食べ物は水気を多く含んだ少し陰性よりの献立にします。味噌汁は薄味したり、量も少なめに。もやしなどスプラウトは上昇のエネルギーです。

■お昼ごはん
活動的な時間帯です。
どちらかというと台所にこもって調理をする時間ではないので、前の日の残り、ワンプレートにしたり、サンドイッチなど手軽なものにします。
前の日の残りは温めなおしたりと火を通すことを繰り返しますから陽性が進みます。フレッシュなものと組み合わせる工夫をします。
きんぴらと青菜の巻寿司などあるものを使ってアレンジメニューにします。

■おやつ
下降のエネルギーの時間帯です。
この時間帯からは刺激物の摂取を控えます。
布団に入ってからも休まらず、翌朝になって疲れが残ります。
穀物をつかった穏やかなもの、おにぎり、おはぎ、うどん、甘栗、かぼちゃあんのおはぎなどはおやつとしておすすめです。

■夕ごはん
大気が下降して集まる時間帯です。
夜は心身ともに落ち着きを取り戻し、少しずつ陽性になってきます。
献立はバラエティ豊かに出来立てを食べます。
動物性食品などの重いエネルギーは夕ごはんに食べます。

関連リンク