8月, マクロビオティック:クスクス・ひえ

粒状になったパスタの一種。
全粒のクスクスがオススメですが、どちらにしてもお手軽パスタとして夏は特におすすめです。
クスクスは米粒よりも小さなパスタ、食料品店ではパスタ売り場に置いてあります。調理法は簡単、スピーティー。
パスタですからもちろん洗う必要はありません。
全粒クスクスはお湯で5分煮た後、蓋をして2分蒸らします。
全粒のものでなければ熱湯でインスタントのように扱うことができます。
冷めれば固まるパスタの性質を生かして、お湯の代わりにリンゴジュースなどを使えばデザートにもなります。
マフィン型に詰めれば見た目にもかわいい。
冬にはあたたかいままのデザートとしても楽しめます。
忙しい時の簡単スピードクッキングとしても、離乳食にも使えます。
雑穀のヒエは粒の大きさ、食感が似ているので季節、体調に合わせて使うのもおすすめです。
クスクスと違って、ヒエはしっかりと洗うこと。
雑穀の独特の匂いが気になる人は、とにかくしっかり洗うこと。
水の濁りがなくなるまで洗えば匂いはほとんど気になりません。

小麦で出来たクスクスよりも陽性で体を冷やさないヒエなどの雑穀は美味しくて栄養があっていいことづくし。
炊いて潰せばマッシュポテトのようにもなります。
少しづつ取り入れましょ!

料理とはクリエイティブだなと、つくづく感じます。
実は主婦の企画力は素晴らしいのです。
冷蔵庫の中の食材、乾物、旬の野菜、残り物、使いかけの調味料など様々な食材を駆使して無駄なく美味しく調理するにはを企画力がなければ続かないことですからね。
毎日、イベントを企画しているみたいなものです(笑)

関連リンク