マクロビオティック:食事と基本知識

マクロビオティックは地球上の全ての物事を陰陽というものの見方で見ていきます。良いか悪いかを判断しないで見てみると調和のとれた世界であることがわかります。不調和が引き起こす事象が多いことにも驚くことでしょう。
陰陽のものの見方(マクロビオティックのものの見方)はゲームのようなものです。そのゲームを実践するにあたり、基礎となる知識に従うほうが得策。
でも「なぜそうなのか」を知りたいのであれば納得するまで調べてみるのも楽しいかもしれません。ただ、「学ぶ」は「真似る」とも言います。マクロビオティックは実践してはじめて理解できる分野ですからとりあえず基礎に従ってはじめてみるのがいいと思います。「なぜそうなのか」の答えは追々わかってくるものです。

基礎知識の項目は順を追って書いていきます。が、今の時点では(2018.2)項目のみですが、記事になったらリンク貼ります。項目を見ただけで無理と思う人もいると思いますが、「macro to micro「マクロビオティック」はじめに」でも書いたのですが、個性ある私たちはそれぞれのマクロビオティックという花を咲かせるのですから、基礎を法律と混同しないようにしましょう。
基礎は「覚えておくと便利」なものです。
たとえば食品の質にこだわってもオーガニック食材が手に入るとは限りません。そこで歩みをとめないで。オーガニックではないけれど「比べてマシなほうを選ぶ」という判断もできるようになります。だって桜沢如一先生の著書「魔法のメガネ」は働く勤労少年少女に向けて書いたものなのですから。マクロビオティックを海外のセレブな人たちが実践したことで、日本でもマクロビオティックが美しい食事法として取り上げられるきっかけにはなりましたが、実際にはだれでもどこでもどこの国でも実践できるものです。
自然環境とバランスをとり生活法の基礎としてください。
マクロビオティックがライフスタイルにまで及ぶのは、日々の生活が食べることと同じように大切な要素であるからです。

 

・日本の伝統的な食事と現代の食事
・マクロビオティックがすすめる温帯性気候の食事のガイドライン
・食品の質、オーガニックまたは自然な品質なもの
・野菜のカッティングスタイルと洗い方
・台所の使い方
・ライフスタイルの大切さ

 

関連リンク